メインメニューを開く

中国共産党第十一期中央委員会第五回全体会議

中国共産党第十一期中央委員会第五回全体会議(ちゅうごくきょうさんとうだい11きちゅうおういいんかいだい5かいぜんたいかいぎ)は、1980年2月23日から2月29日まで北京で行われた。この会議の略称を第11期5中全会という。

会議は中国共産党中央委員会主席華国鋒が主催したものの、1978年12月に開催された第11期3中全会において華国鋒を支えていた「すべて派」の敗北が決定的となっており、さらにこの5中全会で、華国鋒の側近である汪東興党中央委員会副主席・中央政治局常務委員の職務を解任されたほか、紀登奎中央政治局委員兼国務院副総理)・呉徳全国人民代表大会常務委員会副委員長)・陳錫聯(中央政治局委員兼北京軍区司令員)も党と国家の職務からの解任が決定されるなど、華国鋒指導部は事実上解体された。

一方、鄧小平の右腕として党中央秘書長の職にあった胡耀邦と、四川省における経済運営が評価された趙紫陽が、政治局常務委員に任命された。また、党中央の日常業務の効率化を図るべく中央書記処が設置され、胡耀邦が中央書記処総書記に、万里王任重方毅谷牧宋任窮余秋里楊得志胡喬木姚依林彭冲が中央書記処書記に任命された。

鄧小平が実権を握った第11期3中全会以降、文化大革命は否定され、文革の被害者の名誉回復が進んでいたが、この5中全会において、文革の最大の標的とされて獄死した劉少奇の名誉回復が実現した。第8期12中全会における「叛徒、内奸、工賊」の罪名と、「永遠に党を除名し、党内外の一切の職務を解任」した「誤った決議」は取り消され、劉少奇は「偉大なマルクス主義者」と「プロレタリア階級革命家」とされた。ただし、5月17日に党中央名義で人民大会堂で開催された追悼大会では、鄧小平が「林彪・四人組一派は党の権力を奪取する反革命目的から、わが党の欠点と誤りを利用し、劉少奇同志を陥れ残酷な迫害を行った」と弔辞の中で言及するにとどまった。