メインメニューを開く

中国的一日(ちゅうごくてきいちにち)とは、中国リアリズム作家で魯迅の後継者といわれた茅盾(ぼうじゅん[1](中)茅盾、〔ピンイン〕Mao Dun、1896年1981年、本名沈徳鴻)が、1936年(民国25年)に編集・刊行した総合文集。ゴーリキーが編集したソ連刊行の『世界の一日』にヒントを得て企画された。1936年5月21日に関する490編あまりのさまざまな文章を収めている。文章は公募され、集まった3000編以上の中から編者が選んだ。中国における「報告文学」[2]の傑作と呼ばれる。生き生きとしたプロットと細部描写で知られる。上海生活書店から刊行された。

日本語版編集

  • 茅盾(主編)、中島長文(編訳)『中国の一日―1936年5月21日』平凡社、1984.5

関連項目編集

  • 茅盾文学賞

脚注編集

  1. ^ かつては「ぼうとん」と読まれることが多かったが、今日では「ぼうじゅん」が一般的である。
  2. ^ 文芸的性格をもつ速写、特写、通信などルポルタージュの総称。ニュース性と文学性の両方を兼ね備えた散文。ノンフィクションだが、さまざまな芸術手法を用い、文学性をも追究する。現代中国の報告文学は、瞿秋白の『赤都心史』『餓郷紀程』に始まるとされる。