メインメニューを開く

中山 元(なかやま げん、1949年 - )は、日本の哲学者翻訳家

東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科中退。インターネットの哲学サイト「ポリロゴス」を主宰。多くの哲学書を翻訳している。

著書編集

  • フーコー入門』ちくま新書 1996
  • 『思考の用語辞典』筑摩書房 2000/ちくま学芸文庫 2007
  • 『書くためのデジタル技法』二木麻里共著 ちくま新書 2001
  • 『新しい戦争? 9・11テロ事件と思想』冬弓舎 2002(ポリロゴス・ブックレット 1)
  • 『〈ぼく〉と世界をつなぐ哲学』ちくま新書 2004
  • 『はじめて読むフーコー』洋泉社新書y 2004
  • 『高校生のための評論文キーワード100』ちくま新書 2005
  • 『思考のトポス 現代哲学のアポリアから』新曜社 2006
  • 『賢者と羊飼い フーコーとパレーシア』筑摩書房 2008
  • 『フーコー生権力と統治性』河出書房新社 2010
  • 『フーコー思想の考古学』新曜社 2010
  • 『正義論の名著』ちくま新書 2011 
  • ハンナ・アーレント 〈世界への愛〉 その思想と生涯』新曜社 2013 
  • 『自由の哲学者カント カント哲学入門「連続講義」』光文社 2013
  • 『フロイト入門』筑摩選書 2015
  • 『アレント入門』ちくま新書 2017

翻訳編集

外部リンク編集