中山元

中山 元(なかやま げん、1949年 - )は、日本の哲学者翻訳家

東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科中退。インターネットの哲学サイト「ポリロゴス」を主宰。多くの哲学書を翻訳している。

著書編集

  • フーコー入門』ちくま新書 1996
  • 『思考の用語辞典』筑摩書房 2000/ちくま学芸文庫 2007
  • 『書くためのデジタル技法』二木麻里共著 ちくま新書 2001
  • 『新しい戦争? 9・11テロ事件と思想』冬弓舎 2002(ポリロゴス・ブックレット 1)
  • 『〈ぼく〉と世界をつなぐ哲学』ちくま新書 2004
  • 『はじめて読むフーコー』洋泉社新書y 2004
  • 『高校生のための評論文キーワード100』ちくま新書 2005
  • 『思考のトポス 現代哲学のアポリアから』新曜社 2006
  • 『賢者と羊飼い フーコーとパレーシア』筑摩書房 2008
  • 『フーコー生権力と統治性』河出書房新社 2010
  • 『フーコー思想の考古学』新曜社 2010
  • 『正義論の名著』ちくま新書 2011 
  • ハンナ・アーレント 〈世界への愛〉 その思想と生涯』新曜社 2013 
  • 『自由の哲学者カント カント哲学入門「連続講義」』光文社 2013
  • 『フロイト入門』筑摩選書 2015
  • 『アレント入門』ちくま新書 2017

翻訳編集

  • コリン・ウィルソン『殺人狂時代の幕開け』二木麻里共訳 青弓社 1994
  • コリン・ウィルソン『情熱の殺人』二木麻里共訳 青弓社 1994
  • コリン・ウィルソン『殺人の迷宮』二木麻里共訳 青弓社 1994
  • コリン・ウィルソン『猟奇連続殺人の系譜』二木麻里共訳 青弓社 1994
  • J.バーナウアー『逃走の力 フーコーと思考のアクチュアリティ』彩流社 1994
  • ペギー・リーヴズ・サンデイ『聖なる飢餓 カニバリズムの文化人類学』青弓社 1995
  • エマニュエル・レヴィナス『超越と知解可能性 哲学と宗教の対話』彩流社 1996
  • ジークムント・フロイト『自我論集』竹田青嗣ちくま学芸文庫 1996
  • フロイト『エロス論集』(編訳) ちくま学芸文庫 1997
  • ミシェル・フーコー『精神疾患とパーソナリティ』ちくま学芸文庫 1997
  • メルロ=ポンティ・コレクション』(編訳) ちくま学芸文庫 1999
  • フーコー『真理とディスクール パレーシア講義』筑摩書房 2002
  • 『発言 米同時多発テロと23人の思想家たち』編訳 朝日出版社 2002
  • オギュスタン・ベルク『風土学序説 文化をふたたび自然に、自然をふたたび文化に』筑摩書房 2002
  • ニコラス・ファーン『考える道具』角川書店 2003
  • ジョルジュ・バタイユ『呪われた部分 有用性の限界』ちくま学芸文庫 2003
  • スティーブン・ロー『フィロソフィー・ジム 「考える脳」をつくる19の扉』ランダムハウス講談社 2003
  • ロジェ=ポル・ドロワ、ジャン=フィリップ・ド・トナック『ギリシア・ローマの奇人たち 風変わりな哲学入門』紀伊國屋書店 2003
  • エレン・メイクシンズ・ウッド『資本の帝国』紀伊國屋書店 2004
  • バーナード・ルイス『聖戦と聖ならざるテロリズム イスラームそして世界の岐路』紀伊國屋書店 2004
  • ジャック・デリダ『パピエ・マシン』ちくま学芸文庫 2005
  • イマヌエル・カント 『永遠平和のために・啓蒙とは何か』光文社古典新訳文庫 2006
  • スティーブン・ロー『北極の北には何がある? 「考える脳」をつくる哲学トレーニング19』ランダムハウス講談社 2006 
    • 『考える力をつける哲学問題集』ちくま学芸文庫 2013 
  • ハンナ・アーレント『責任と判断』ジェローム・コーン編、筑摩書房 2007/ちくま学芸文庫 2016
  • フロイト『幻想の未来 文化への不満』光文社古典新訳文庫 2007
  • フランシス・ウィーン『マルクスの『資本論』』ポプラ社(名著誕生) 2007
  • クリストファー・ヒッチンス『トマス・ペインの『人間の権利』』ポプラ社(名著誕生) 2007
  • モーリス・ブランショ『書物の不在』月曜社 2007
  • フロイト『人はなぜ戦争をするのか エロスとタナトス』光文社古典新訳文庫 2008
  • ルソー人間不平等起源論』光文社古典新訳文庫 2008
  • ルソー『社会契約論・ジュネーヴ草稿』光文社古典新訳文庫 2008
  • フーコー『わたしは花火師です フーコーは語る』ちくま学芸文庫 2008
  • ライダー・デュー『ドゥルーズ哲学のエッセンス 思考の逃走線を求めて』新曜社 2009
  • マックス・ウェーバー職業としての政治職業としての学問日経BP社 2009
  • ニーチェ善悪の彼岸』光文社古典新訳文庫 2009
  • ニーチェ『道徳の系譜学』光文社古典新訳文庫 2009
  • マックス・ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』日経BP社 2010
  • カント『純粋理性批判』(全7巻+別巻) 光文社古典新訳文庫、2010-2012
  • 『フロイト文学・思想論集』光文社古典新訳文庫、2011
  • フロイト『ドストエフスキーと父親殺し』光文社古典新訳文庫、2011 
  • マルクス『資本論 経済学批判』(第1期全4冊) 日経BP社、2011-2012 
  • カント『道徳形而上学の基礎づけ』光文社古典新訳文庫、2012 
  • カント『実践理性批判』(全2巻) 光文社古典新訳文庫、2013
  • マルクス『ユダヤ人問題に寄せて/ヘーゲル法哲学批判序説』光文社古典新訳文庫、2014
  • ポール・ジョンソン『ソクラテス われらが時代の人』日経BP社 2015
  • マルティン・ハイデッガー存在と時間』(全8巻) 光文社古典新訳文庫、2015-刊行中

外部リンク編集