メインメニューを開く

中山植物園(ちゅうざんしょくぶつえん)は中華人民共和国江蘇省南京市玄武区紫金山の麓に位置しており、世界遺産明孝陵の西隣に位置する。旧称は中山先生紀念植物園孫文(孫中山)を記念して1929年に建てられた国立植物園であり中国科学院に属している。植物園の広さは186万平方メートルを占め、9つの区域に分けられ、国内外2000種類あまりの植物が収集されている。中国四大植物園之一、金陵四十八景之一にも数えられ毎年国内外から30万人の観光客が訪れる。

中山植物園
Zhiwuyuan00.jpg
中山植物園
各種表記
繁体字 中山植物園
簡体字 中山植物园
拼音 Zhōngshān Zhíwùyuán
テンプレートを表示

入場料・開園時間編集

15元(2004年現在)

8:30-17:15(2004年現在)

交通アクセス編集

  • 南京駅近くのバス停「南京車站」で游3の公共汽車に乗車し「植物園」で下車、徒歩5分。


外部リンク編集