メインメニューを開く
ポータル:植物

ウィキポータル 植物は、植物に関係する記事のポータルです。

  • 植物関係の記事を立てられた方は、このポータルの該当部分に記載してください。
  • このポータルの編集は誰にでも開放されています。
  • 植物関係のスタブ記事は、{{Plant-stub}} で管理します(→Category:植物関連のスタブ項目)。

特集項目

Bird's-foot trefoil (St. Joseph I).JPG

ミヤコグサ(都草、学名:Lotus japonicus)はマメ科多年草。道端などに普通に見られる野草。春に黄色い花を多数つける。 道端から海岸沿いまで、背の低い草原で、よく日の当たるところに多い。田畑の周辺にもよく姿を見る。耕作地に侵入する雑草ではないが、その周囲によく見かける野草としてよく親しまれている。元来は帰化植物であるようで、ムギ類の栽培に付随して持ち込まれた史前帰化植物であるとも言われる。

近年、モデル生物としての利用が注目されている。栽培が比較的容易で生活環のサイクルが比較的短く(播種から2月ほどで開花)、染色体数2n=12、ゲノムサイズは約4億5千万塩基対(作物の中では短いイネと同程度、シロイヌナズナの3.6倍ほど)と小さいことから、マメ科のモデル生物として優れたものとなりうるという。また作物改良への応用も期待され、ゲノムプロジェクトが進められている。共生する根粒菌ミヤコグサ根粒菌 (Mesorhizobium loti) で、すでにゲノム解析が完了している。 続きを読む

お知らせ

新着項目

新しいページ利用者:Igitur/ポータル・PJ支援/新着・加筆項目#Portal:植物利用者:ウース/ポータル別新着項目#Portal:植物Portal:生き物と自然/新着項目

12/13:エゾハリスゲオオカワズスゲ 12/11:シャジクソウメトロシデロス・エクスケルサ 12/09:イヌゴマイヌゴマ属 12/06:コウホネ属 12/04:メハジキ属 12/02:ハウチワノキ 12/01:キセワタ 11/24:イワレンゲ属 11/21:Bridelia micrantha 11/19:アオノイワレンゲ 11/18:マツカサススキ 11/17:ジュメレア属ミツバベンケイソウ 11/14:オウレンシダ 11/11:トウヒレン属Category:トウヒレン属 11/09:サルゲントカズラ 11/04:アブクマトウヒレン 11/03:ヤマガタトウヒレン 10/30:ショウナイトウヒレン 10/28:ホクロクトウヒレン 10/25:トガヒゴタイ 10/20:アサマヒゴタイフボウトウヒレン 10/16:トウミトウヒレン 10/13:エウフォルビア・カンデラブルム 9/29:タナガワトウダイグサ 9/28:ナツメヤシ属 9/19:ハタガヤ 9/17:ミフクラギ属 9/11:ヌクシア・コンゲスタ 9/9:スティルベ科 8/24:ミルシネ・アフリカナ 8/23:フサスゲ 8/22:ジュズスゲ 8/16:ヒメクワガタ 8/13:アイズスゲワタスゲ属 8/11:ホソガタホタルイ属 8/10:フトイ属ウキヤガラ属 8/9:ストロマトプテリスアブラガヤ属 8/8:サヤマスゲイワアカバナオオサンカクイ 8/7:オニスゲトビカズラ属 8/2:オオアカバナ 7/30:ケゴンアカバナヒメアカバナ 7/26:ミリキア属リュウキュウアイソメモノカズラ 7/25:クモキリソウ属 7/22:ホソバオグルマ 7/21:ギボウシラン 7/19:シテンクモキリ白いポピー 7/18:ミリキア・エクスケルサ 7/17:キク上群 7/16:トウモロコシ属コテングクワガタカラフトイチヤクソウ 7/12:ヨウラクユリ 7/10:テングクワガタ 7/5:ムシクサ 7/4:グンバイヅル 6/25:ドンベヤ・バージェシアエ 6/21:ダルベルギア・レトゥサココボロより分割)、ベニイロリュウケツジュリュウケツジュより分割、要出典の明記)、シャスラ 6/20:薄根の大クワ 6/19:カタラットシルヴァーナー 6/18:アオチドリ 6/16:クレレット・ブランシュ 6/15:ミヤマカンスゲグルナッシュ・ブラン 6/14:ハールシュレヴェリュー 6/13:ミュラー・トゥルガウ 6/4:カワヂシャ 6/1:ヤクシマシャクナゲ 5/31:カキバチシャノキ属 5/28:ミクニサイシン 5/27:ミヤマスミレ 5/22:イワセントウソウ 5/21:キバナノクリンザクライトスゲ 5/19:ホテイラン 5/17:ニシノホンモンジスゲ 5/16:コルディア・ドデカンドラフルミント 5/14:ルリソウ 5/13:ナンショウダイダイ(要出典の明記) 5/10:コルディア・アフリカーナ 5/9:ブラウフレンキッシュ 5/8:ワダソウホンモンジスゲ類 5/7:ホソバノアマナ 5/6:ユウシュンラン 5/2:ヒメカンアオイ 4/30:ミチノクサイシン 4/28:モミジチャルメルソウ 4/26:キレンゲショウマ 4/24:キスミレ 4/23:サンインシロカネソウ 4/22:プルヌス・アフリカナフモトスミレ 4/18:ミノコバイモ 4/11:アングレカム・ディディエリ 4/10:ブラキラエナ・フイレンシス 4/9:セイヨウカンボク 4/4:チョウマメ(要出典の明記) 4/1:クロヒメカンアオイ 3/18:コシノカンアオイ 3/13:アサガラ属 2018/1/24:ヘリアンフォラ属

12/21:ホングウシダ 12/20:カテンソウ 12/18:ミチノクヤマタバコ 12/17:カシミーロ・ゴメス・オルテガ 12/16:ブドウホオズキキダチルリソウ属スナビキソウ 12/12:ニオイテンジクアオイ 12/11:クリスティアン・フリードリヒ・シュテファン 12/10:ウィリアム・ハミルトン (植物学者)ハマウツボ 12/9:フランツ・フォン・ヘーネルコクサギ 12/7:コウトウシラン属 12/6:比留木忠治 12/5:マキシラリア・プルクラ 12/4:ワールブルク効果 (植物生理学) 12/2:バナップルオオツクバネウツギ 11/24:ロベルト・ハルティヒ 11/22:大島梨 11/21:ミヤマシキミ 11/19:ゴシキトウガラシ 11/18:ジェームズ・ドラモンド (植物学者) 11/17:バライチゴ 11/15:李恒 (植物学者) 11/14:ヤマサトイモ 11/12:ハティオラ属 11/11:ナオミ・ファインブルン=ドーサン 11/10:ヤブムラサキ 11/9:ツルカノコソウ 11/7:ヒメニラパイプカズラ 11/5:フィンランドの林業 11/4:オオヤマハコベ 11/3:クラース・フレドリク・ホルンシュテット宮部金吾記念館バチェラー記念館 10/31:ミヤマハコベ 10/29:コショウノキ梅前線マルバノキアメリカスミレサイシンジンジソウオオヤマフスマ 10/28:サトイモ属コシノコバイモ 10/26:ササノユキ 10/25:カール・ルートヴィヒ・ギーゼケ 10/22:マンシュウカラマツハチノヘトウヒレンソドムのリンゴ 10/21:プロトピンヤハズトウヒレン 10/20:ウリノキ 10/18:勝利のための大麻草 10/17:イワテヒゴタイ 10/15:センダイトウヒレン 10/14:ヒナノキンチャクシラネアザミ 10/12:ドミニク・ヴィラール 10/11:ジョナサン・ストークス 10/10:カール・フリードリヒ・ヴィルヘルム・ブラウン 10/9:ナガバキタアザミ 10/8:ウゴトウヒレン 10/7:緊急防除ユウスゲ 10/5:ロベルト・エリアス・フリース 10/4:バイーアオレンジ 10/3:ダンバートン・オークスカシワバハグマ 10/1:ナガバノコウヤボウキ 9/29:Crescentia alata 9/26:ヘレンハウゼン王宮庭園 9/25:サツキヒナノウスツボ 9/24:エゾヒナノウスツボハマヒナノウスツボ 9/19:ヨハン・ゴットリープ・ゲオルギフリードリヒ・ヴェットシュタインはるみ (米) 9/15:アレクサンドル・ベッカー 9/14:セルゲイ・ロザノフ (植物学者)麦踏み 9/13:サンクトペテルブルク植物園 9/12:カール・アントン・フォン・マイヤーカニクサ属 9/11:十二町潟オニバス発生地ショノルキス・フラグランスヨハン・クリスティアン・ブックスバウム 9/10:ゲニピン 9/9:チランジア・プルイノーサムシゲル 9/8:ウィズレー王立園芸協会植物園ジョージ・ファーガソン・ウィルソン 9/2:チャールズ・スプレイグ・サージェント湯ノ宮の座論梅 8/25:エドゥアルド・キスンビン 8/19:フェデリコ・チェージ 8/16:カライトソウコジキイチゴ 8/15:アオフタバラン 8/14:栃木三鷹 8/10:エジプトイチジク 8/8:ブッチャート・ガーデン 8/7:ド・ラ・ヴィラ・チュレ植物園 8/3:メハジキ 7/31:ヤマクワガタオオハンゲ 7/26:オオバノトンボソウ 7/25:エアープランツ 7/22:ジョージ・ヴェイジー 7/20:ウィリアム・ヘンリー・ブリュワー 7/19:イェルゲン・ブルンコルスト 7/18:アントニーノ・ボルツィ 7/17:ジョセフィーン・エリザベス・ティルデン 7/16:オキナヨモギ花鏡 (陳コウ子) 7/15:ジョージ・ウォーカー=アーノット 7/14:ジガバチソウ 7/10:ルース・パトリック 7/6:アナカンプセロス科 7/5:辻雄貴 6/26:カモメラン 6/24:チランジア・ブッツィー 6/21:レッドグローブ 6/20:ツクモグサ 6/19:アルフレッド・コグニオー 6/16:石油ナッツ 6/15:チリセラーノ 6/14:ニョホウチドリヒトツボクロ属 6/13:ヒトツボクロ 6/10:アネミア属 6/8:オオユリワサビ 6/7:オウコチョウ 6/2:オオミテングヤシトケンラン 5/29:ママキ 5/24:ワチガイソウ属 5/22:シロカネソウ属 5/17:アレクサンダー・ゲオルク・ブンゲ 5/16:カール・フリードリヒ・レーデブーア 5/15:嘉義植物園 5/13:エリク・アカリウスルンド大学植物園 5/11:エドゥアルト・フェンツルアウグスト・カーニッツ 5/9:アズマシロカネソウ 5/8:益田家のモチノキネオレゲリア属レオ・レスケルー 5/5:クリスティアン・ゴットリープ・ルートヴィッヒ 5/2:イズセンリョウ 5/1:ヒメアナナス属 4/27:トウゴクサバノオ 4/24:レンプクソウ 4/23:バターナッツ・スクワッシュ 4/19:いちほまれ 4/12:青天の霹靂 (米)あさゆき (米) 4/9:ヒメフタバラン 4/2:ルバーブ 3/31:エドウィン・ジョン・バトラー 3/29:セイヨウノダイコン 3/26:ゼニアオイ属 3/23:ゼニアオイ 3/15:サルビア・ポリスタキア 3/13: アブクマトラノオ 3/6:リュブリャナ植物園 2/24:ボンバ米 2/22:マールブルク旧植物園 2/21:ジョセフ・ネルソン・ローズ 2/18:ガエターノ・サヴィ 2/17:クラチャイダム 2/14:ノゲイトウハカタシダ 2/11:トリエステ植物園ライモンド・トミンツ 2/7:八事五寸人参越津ねぎ大高菜キャベンディッシュ (バナナ)ジャン・ヴァンサン・フェリックス・ラムルー 2/6:リリー・ニュートン 2/5:ミミズバイアルガンノキあいちの伝統野菜 2/3:エマヌエル・ドレーク・デル・カスティリョ 1/29:ミズアオイ属ココナッツファイバーきぬむすめカレル・ボジヴォイ・プレスル 1/28:オスカル・ドルーデ 1/26:ジュール・アレクサンドル・ダヴォー 1/25:クワガタソウ 1/21:ラショウモンカズラ属 1/20:マツザカシダ 2017/1/8:ブラウアー・ポルトギーザー

10/22: キイジョウロウホトトギス 10/21: ヒメコウジバナナピーマン 7/6: ラフィアヤシ 4/18: ゲルセミウム科Category:ゲルセミウム科


過去ログ: 2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

主要項目

植物分類
新エングラー体系クロンキスト体系APG体系APG IIAPG III
植物学者
カール・フォン・リンネ牧野富太郎南方熊楠

主要カテゴリ

各種依頼

執筆依頼Portal:生き物と自然/執筆依頼#植物
加筆依頼
翻訳依頼

リンゴの品種一覧編集

  • 翻訳元となる記事 - en:List of apple cultivars
  • 記事の概要 -リンゴ(セイヨウリンゴ)の品種の一覧
  • 依頼理由 - 犬の品種一覧があるように、リンゴにも数千の品種がある、しかしセイヨウリンゴにそれを書くには膨大となるため一覧記事の必要性がある
  • 依頼者 - X meta会話) 2018年6月21日 (木) 04:30 (UTC)
  • 翻訳者記入欄
    • 翻訳請負 -
    • 翻訳作業中 -
    • 翻訳完了 -
  • コメント -


画像提供依頼Wikipedia:画像提供依頼/自然科学#植物学