メインメニューを開く

中山 照守(なかやま てるもり、元亀元年(1570年) - 寛永11年1月23日1634年2月20日)) は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将江戸幕府旗本寄合中山家範の嫡男。は家守とも。通称は助六郎、勘解由。弟に水戸藩附家老中山信吉。子に中山直定中山直範中山重良

初め父家範とともに北条氏照に仕えた。天正18年(1590年小田原征伐における八王子城の戦いで父は討ち死にしたため、照守は武蔵加治に潜伏していたが、同年8月、父の最期に感銘した徳川家康に弟・信吉とともに召抱えられ、300石を与えられて徳川秀忠の使番に任じられる。

慶長5年(1600年)、秀忠の軍に従い、上田合戦にて上田七本槍に数えられる働きをするが、軍律違反であり叱責を受け、真田信之お預けとなって上野吾妻郡に閑居するが、翌年に許され本領を安堵される。照守は高麗八条流馬術の使い手であったため、秀忠に馬術を教授し、のちに3代将軍徳川家光にも手ほどきしている。慶長14年(1614年)、大坂の陣では子の直定とともに参戦し、得意の馬術で戦功を挙げて500石を加増された。後に1000石加増され、目付に転じられて寛永3年4月に肥後国熊本に巡察として赴く。寛永9年(1632年)に鑓奉行となり、最終的に3500石の大身旗本となる。

寛永11年(1634年)に死去。享年65。家督は、嫡男の直定が継ぐ。墓所は、菩提寺能仁寺。法名は無相院殿可山宗印大居士。

脚注編集