メインメニューを開く
中島祐八

中島 祐八(なかじま ゆうはち、嘉永7年7月18日[1]1854年8月11日)- 大正2年(1913年11月14日[2])は、日本の衆議院議員自由党立憲革新党憲政本党立憲国民党)。

経歴編集

上野国佐位郡赤堀村(現在の群馬県伊勢崎市)出身。豪農・先代中島祐八の長男として生まれ[3]1874年明治7年)に副区長、1877年(明治10年)に学区取締、1881年(明治14年)に県会議員に就任した[4]1883年、「上野新聞」を発刊[4]1888年、上毛民会を組織するが、秘密集会の容疑で逮捕されてしまう。結局無罪となり、改めて群馬公議会を結成した[5]1890年(明治23年)の愛国公党の結党式に参加し、翌年の自由党の結党式にも出席した[5]。また日刊新聞「上州」を発刊した[4]

1892年(明治25年)の第2回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、当選回数は補欠当選も含めて8回を数えた。

1913年11月、心臓病のため順天堂病院で死去した[3]

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第十八回帝国議会衆議院議員名簿』(第十八回帝国議会衆議院公報第一号附録)〔1903年〕、8頁。
  2. ^ 『官報』391号、大正2年11月17日
  3. ^ a b 『大正過去帳』30頁。
  4. ^ a b c 『新選代議士列伝』p.87
  5. ^ a b 『上毛近世百傑伝(上)』p.167-170

参考文献編集

  • 『大正過去帳 物故人名辞典』東京美術、1973年。
  • 『新選代議士列伝』金港堂、1902年。
  • 山中啓一『上毛近世百傑伝(上)』、1891年。