メインメニューを開く

中村流(なかむらりゅう)は、日本舞踊における流派のひとつ。

解説編集

日本舞踊中村流は、文化文政期に活躍した歌舞伎俳優3代目中村歌右衛門を流祖とする流儀で成駒屋のお家芸。歌舞伎所作の本筋を重視しているのが特徴である。
家元紋は祇園守、流儀紋は八重裏梅。

現在、7世中村芝翫長男の9代目中村福助を宗家とし、7世芝翫の長女:2代目中村梅彌が8代目家元を継承、7世芝翫の次男:8代目中村芝翫が相談役となっている。

参考文献編集

  • 山浦慎吉編著、『日本舞踊流派細見』、新芸能新聞社、1974年、P507-510。

関連項目編集

外部リンク編集