メインメニューを開く

成駒屋五代目 中村福助(なりこまや ごだいめ なかむら ふくすけ、1900年5月10日 - 1933年8月11日)は歌舞伎役者。本名は中村 慶次(なかむら けいじ)、東京築地生まれ。屋号成駒屋定紋祇園守俳名に梅莟、啾雨。五代目中村歌右衛門の長男。愛称に「慶ちゃん福助」。

なりこまや ごだいめ なかむら ふくすけ
成駒屋五代目 中村福助
Fukusuke Nakamura V Narikomaya.jpg
屋号 成駒屋
定紋 祇園守 Narikoma-ya Gion-mamori inverted.png
生年月日 1900年5月10日
没年月日 (1933-08-11) 1933年8月11日(33歳没)
本名 中村慶次
襲名歴 1. 二代目中村兒太郎
2. 五代目中村福助
俳名 梅莟、啾雨
出身地 東京府東京市
京橋区築地
五代目中村歌右衛門
兄弟 六代目中村歌右衛門
七代目中村芝翫
当たり役
京鹿子娘道成寺』の白拍子花子
『鏡獅子』の女小姓弥生
妹背山婦女庭訓』の雛鳥

人物編集

1904年7月、数え4つの時に東京座で二代目中村兒太郎を襲名し『仮名書太平記』の塩谷の息・竹若で初舞台。1916年4月歌舞伎座京鹿子娘道成寺』の白拍子花子で五代目中村福助を襲名。以後は初代中村吉右衛門の相方を務めることが多く、美貌で気品のある芸風で人気を集め、次代を担う若手の花形役者として将来を嘱望されるようになった。1925年に大阪宗右衛門町の新大和屋の梅弥と結婚[1]

羽衣会を主宰し舞踊活動の充実化を推進していたが、1933年8月11日、神奈川県葉山の別荘で腹膜炎と胸病を併発して急死。33歳没。

当たり役は『京鹿子娘道成寺』の白拍子花子、『春興鏡獅子』の女小姓・弥生、『妹背山婦女庭訓』の雛鳥、『籠釣瓶花街酔醒』の八橋、『仮名手本忠臣蔵・九段目』の小浪など。

五代目福助の実弟に六代目中村歌右衛門がいる。ただし、六代目歌右衛門に関しては実際はこの五代目福助の子で、若輩の身で出来た子を世間体が悪いということで父の子、つまり自分の弟ということにしたという説もある(中川右介『六代目歌右衛門と十一代目團十郎』)。

七代目中村芝翫は自身の子息、九代目中村福助八代目中村芝翫は孫に当たる。

伝記編集

  • 加賀山直三『ある女形の一生 五代目中村福助』東京創元社 1959

福助の登場する小説編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『朝日新聞の記事でみる恋愛と結婚』朝日新聞社、1997年、p396

関連項目編集