メインメニューを開く

中橋駅(なかばしえき)は、石川県金沢市中橋町に存在した北陸鉄道金石線である。1971年(昭和46年)に廃駅となった。

目次

概要編集

金石線の始発駅で、国鉄金沢駅から南に約500m離れた北陸本線の西側に位置し、金沢市内線の六枚町電停とも約300m離れており、中橋踏切や踏切廃止後は地下道を経由して徒歩で連絡していた。

駅構造編集

島式ホーム1面2線の旅客ホームと車庫線・留置線がそれぞれ2線があり、金沢駅の裏手と連絡線でつながっていた。

歴史編集

隣の駅編集

北陸鉄道
金石線
中橋駅 - 長田町駅

廃止後編集

駐車場となっていた跡地は区画整理によって線路跡の道路も含めて跡形もなくなってしまったが、駅跡から150mほど先の道路を横断した先からは、線路跡が歩行者専用道路として残っている。

関連項目編集