メインメニューを開く

中臣御食子

日本の飛鳥時代の政治家

中臣 御食子(なかとみ の みけこ)は、飛鳥時代貴族。名は彌気美気古とも記される。中臣可多能祜の長男。冠位小徳冠中臣氏第一門の祖。

 
中臣御食子
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
別名 彌気、美気古
官位 小徳冠
主君 推古天皇舒明天皇
氏族 中臣氏
父母 父:中臣可多能祜
母:山部歌子娘・那爾毛古娘
兄弟 御食子国子、糠手子
大伴咋娘・智仙姫
藤原鎌足、久多、垂目
テンプレートを表示

経歴編集

推古天皇36年(628年)に推古天皇崩御した際、蘇我蝦夷阿倍内麻呂と組して次期天皇に田村皇子(のちの舒明天皇)を推挙し、事態を収めた[1]

その他の業績については不明であるが、皇極天皇3年(644年)に息子の鎌足神祇伯への就任を辞退しているため、御食子も生前同職に就いていたのではないか、とされている。また、鹿島神宮の神官として東国に赴任していた可能性もある[2]

系譜編集

注記のないものは『尊卑分脈』による。

  • 父:中臣可多能祜
  • 母:那爾毛古娘 - 山部歌子の娘[3]
  • 妻:智仙姫 - 大伴咋の娘
  • 生母不明の子女
    • 男子:中臣久多
    • 八男:中臣垂目

脚注編集

  1. ^ 日本書紀』には、御食子の言動のみが記載されている。
  2. ^ 鎌足は常陸国出身であるとされている。
  3. ^ 宝賀[1986: 712]

参考文献編集

  • 宇治谷孟『日本書紀 (下)』講談社学術文庫、1988年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年