中華人民共和国文化観光部

中華人民共和国文化観光部(ちゅうかじんみんきょうわこくぶんかかんこうぶ、中国語: 中华人民共和国文化和旅游部)は、中華人民共和国国務院に属する行政部門。文化事業と観光事業を管轄する。

文化観光部

文化観光部は主に、中国共産党の宣伝・文化活動政策の実施、文化・観光労働政策の研究と策定、文化事業や文化産業ならびに観光産業の発展、文化福祉プロジェクトの実施、文化資源の調査と組織化、文化発掘保護、様々な文化関連市場の市場秩序の維持、国際文化交流の強化、中国文化輸出などのための総合計画の策定を担当している[1]

本部は北京市朝陽区にある。第13期全国人民代表大会の国務院機構改革案により、2018年3月19日に文化部国家観光局を統合して発足した[2]

訪中外国人の数編集

国別 訪中外国人ランキング
2015年1月 - 12月
資料:中華人民共和国文化観光部
順位 国籍 人数
1位   大韓民国 444万人
2位   日本 249万人
3位   アメリカ合衆国 208万人

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 王勇:组建文化和旅游部 不再保留文化部、国家旅游局-新华网”. 2020年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月13日閲覧。
  2. ^ (中国語). (2018年3月13日). http://m.sohu.com/a/225429668_114988 

外部リンク編集