メインメニューを開く

国防部参謀本部電訊発展室(略称:電展室、英語:Communications Development Office;略称:CDO)とは、中華民国における国防部参謀本部シギントを司る情報機関である。

概要編集

電訊発展室本部は、「清風園」に位置し、大溪の旧空軍電監中心と30余ヶ所の地面電偵站、通信情報站を管轄する。偵察範囲は、中国の無線及び衛星通信を概ねカバーし、300海里以内の各種通信情報を掌握することができる。対象は、中国人民解放軍中国人民武装警察部隊の通信を主とし、内容の大部分は、部隊移動、航空無線等の戦術性情報で、暗号解読能力は低い。

電訊発展室の一部の監聴站(「林園」等)は、「高頻定向」(高周波方位測定)能力を有し、電子走査方式で全方位の電波収集を行っている。これらの電偵電監施設は、各種無線通信の解読・分析の外、放射源の精密な方位測定を行うことができる。

電訊発展室内には、電子情報総資料庫が存在し、各軍総部に分庫を設け、総庫と分庫間は、秘密回線で通信が可能である。各収集単位が獲得した通信情報は、初期分析処理を経た後、各軍総部の分庫に配布され、バックアップとして保管される。総資料庫は、中国の通信系統符号、通信諸元パラメータ及びレーダー施設の統一番号の付与、並びに修正資料の適時配布と電子情報参数表の製作を担当する。

電訊発展室の設備の大部分は、アメリカ合衆国が提供したもので、要求に応じて、獲得した情報資料をアメリカに提供している。

IMINT編集

台湾の画像情報(IMINT)は、過去、イスラエルのEROS-A1商用衛星の写真を購入する国家安全局の「浩全專案」が主体だったが、2004年に中止された。現在、「啟元專案」が主体となり、林口監聴站「林園」内に増設された衛星影像接收站が、商用衛星写真を直接購入して処理している。

歴代主任編集

  • 徐叔節中将(? - 1996年)
  • 蔡朝明中将(1996年 - 1997年)
  • 黄磊中将(1997年 - 1999年)
  • 李鉄倉中将(1999年 - 2003年)
  • 李翔宙中将(2003年 - 2006年)
  • 趙連弟中将(2006年 - 2007年)
  • 金寿宝中将(2007年 - 2007年12月)
  • 葛広明中将(2007年12月 - 2008年3月)
  • 婁惕中将(2007年12月 - 2008年3月)
  • 張怒潮中将(2007年12月 - 2008年3月)
  • 陳文凡中将(2007年12月 - 2008年3月)
  • 劉得金中将(2007年12月 - 2008年3月)

参考文献編集

  • 全球防衛雜誌第250期、2005年6月

関連項目編集