中西 孫太郎(なかにし まごたろう、1863年4月21日(文久3年3月4日[1])- 1934年昭和9年)1月17日[2])は、明治から大正期の農業経営者、政治家衆議院議員、香川県会議長、香川県綾歌郡川津村長。

経歴編集

讃岐国鵜足郡、のちの香川県[2]鵜足郡川津村綾歌郡川津村[3]を経て現坂出市宇多津町)で生まれる。漢学を修めた[2][3]。農業を営む[1]

川津村長、所得税調査委員、綾歌郡会議員、同議長、香川地方森林会議員などを務めた[2][3]。香川県会議員に選出され[2][3]、1899年(明治32年)10月、同議長に就任し1901年(明治34年)10月まで在任した[4]

宮井茂九郎の死去に伴い1906年(明治39年)12月に実施された第9回衆議院議員総選挙香川県郡部補欠選挙で当選し[5][6]立憲政友会に所属して衆議院議員に1期在任した[2][3]

その他、香川県麦稈真田同業組合長を務めた[2][3]

脚注編集

  1. ^ a b 衆議院『衆議院議員名簿(第二十四回開会前増補訂正)』〈衆議院公報号外〉、1907年、25頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』448頁。
  3. ^ a b c d e f 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』318頁。
  4. ^ 『香川県人物・人名事典』344頁。
  5. ^ 『第一回乃至第十九回総選挙衆議院議員当選回数調』242頁。
  6. ^ 『官報』第7049号、明治39年12月26日。

参考文献編集

  • 衆議院事務局『第一回乃至第十九回総選挙衆議院議員当選回数調』1936年。
  • 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 『香川県人物・人名事典』四国新聞社、1985年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。