メインメニューを開く

中西 昇(なかにし のぼる、生没年不詳)は、新選組隊士(伍長)。

上州出身とされているが、島田魁『英名録』では武州川越出身とされている。これは上州前橋が川越藩領だったためで、内海次郎も同郷である。北辰一刀流伊東精一伊東甲子太郎の弟子で、師範代を務める腕前であった。

元治元年10月、近藤勇藤堂平助の勧誘され上洛。伊藤らと共に新選組に加盟した。その際の第二次組織編成では、斎藤一の四番組に属し、伍長となっている。慶応3年3月の御陵衛士の拝命により、新選組から分離したとされているが、阿部十郎篠原泰之進は中西を御陵衛士の同志に数えていない。

阿部によれば、中西は慶応4年(明治元年)9月1日、元御陵衛士の佐原太郎篠崎慎八郎)を殺害したという。しかし、篠原は佐原が久留米新檄隊を組織していた慶応4年7月5日に同隊の田口次郎に殺害されたものとしている。