中野 喜文(なかの よしふみ、1970年4月5日 - )は、東京都出身の三療師。1998年に日本人マッサージ師としてはじめてプロ自転車ロードレースジロ・デ・イタリアツール・ド・フランスに参加し[1]、その後長年に渡り欧州の様々な自転車競技チームでマッサーを務めた。2022年の4月と5月はUCIワールドチームグルパマ・FDJのマッサーとして活動している[2]日本自転車競技連盟強化支援スタッフ。日本の自転車競技界においては「スポーツマッサージの第一人者」として知られる[3]

近年は『J SPORTS cycle road race』などテレビの自転車ロードレース中継で解説者を務めることも多い[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『ロードバイクインプレッション2012』、pp.169-172、「中野喜文に聞くアマチュアレーサーのコンディショニング!」(2012年、エイ出版社 ISBN 978-4777922307
  2. ^ 中野喜文 instagram
  3. ^ セルフマッサージの基本テクニックを学ぼう! - サイスポWeb・2011年2月7日
  4. ^ 2012年9月29日に開催されたジロ・ディ・ロンバルディアの生中継のゲスト解説

外部リンク編集