メインメニューを開く

中野里 皓史(なかのり こうし、1930年 - 1986年12月18日)は、元東京大学文学部英文科教授。シェイクスピア学者。

東京の「築地玉寿司」(1924年創業)の長男として生まれる[1]。東大英文科卒、同大学院修了、文学部助手、1965年より東大教養学部専任講師、67年助教授、79年教授、82年文学部教授となる。在職中に急逝。

著書編集

翻訳編集

記念論集編集

  • 『リーディング中野里皓史先生追悼号 上下巻』東京大学大学院英文学研究会リーディング編集部, 1992

論文編集

脚注編集

  1. ^ 小田島雄志「半自伝 このままでいいのか、いけないのか」(白水社)P.116