メインメニューを開く

中2限定!?ガールズトーク』(ちゅうにげんていガールズトーク)は、坂巻あきむによる日本4コマ漫画作品。

目次

概要編集

タイトルにあるように、中2の女の子達によるガールズトークをメインにした作品。

恋話あり、友情あり、イベントありの彼女達の日常を賑やかに描いている。

まんがタイムジャンボ』(芳文社)にて2009年11月号にゲスト掲載され、2010年1月号より2012年10月号まで連載された。


登場人物編集

桃里ゆず(ももさと- )
担任のヒカルに恋する女の子。
ヒカルに対するアプローチに非常に熱心で、思春期ということもあり恋の妄想が暴走することもある。本人の分かりやすい性格もあり、周囲にはその恋心はすっかりばれてはいるが、当のヒカル本人には伝わっていない。
また、ヒカルが同僚の百合子に気があるそぶりを見せているため、何かと百合子に対抗しようとしている。
成績は悪く、追試を受けることも。
その一方で料理をしており、弁当を自分で作ったり[1]、ヒカル作の弁当を一目でダイエットメニューと見抜く等の面もある。
また、裁縫も得意で、ウェディングドレス[2]やバスタオルでバスローブを作ったり、ヒカルの浴衣の丈を直したりするなど、女子力は高い。
弟か妹がいる模様[3]
3月15日生まれのO型で、1年生の時はB組であり、C組の2人とは別のクラスだったが、その時より交流があった。
藤林ことり(ふじばやし- )
いわゆるイマドキの女の子。
髪の毛のトップをシュシュで盛っている髪形が特徴で、シュシュが切れて髪の毛を下していると周囲に彼女だと気付いてもらえない程のシンボルになっている。
姉がおり、乙女ゲーを借りたりしている[4]
デコが得意であり「デコの匠」を自称。携帯(ヒカルの携帯)やノートにデコをしているシーンが描かれている。
5月10日生まれのB型で、姉がおり、好きなものは流行・ゲーム・ケータイ・デコ・メイク・盛り髪・音楽・アニメツイッター[5]
水嶋ハルカ(みずしま- )
担任のヒカルの妹。
両親が転勤中のため、兄のヒカルとの二人暮らし中。兄妹仲は非常に良好。また、ゆずのヒカルに対する恋にも協力的。
1年生の時は兄のヒカルが悪く言われないようにと成績も優秀[6]であり、ダテ眼鏡もかけて人との交流も避けて目立たない生徒でいようとしていたが、兄や2人のお陰で自然体で学校生活を送れるようになり、ダテ眼鏡もはずした。
比較的常識人であり、作中のツッコミこなすことが多い一方で、裁縫は苦手。
10月3日生まれのA型で、好きなものはハンバーグでヒカル作が最高級[7]・猫・読書・音楽鑑賞・映画・ぬいぐるみ・間食[8]
水嶋ヒカル
ハルカの兄でゆず・ことり・ハルカの所属する2-Aの担任教師。30歳。
弁当男子であり、ハルカの弁当も彼が作っている[9]
ゆずから好意を向けられてはいるが、本人は一向に気が付いていない。
一方で、同僚の百合子に想いを寄せている。
プリンが好物。
白河百合子(しらかわ ゆりこ)
ヒカルの同僚の先生。2-Bの担任教師。
胸が大きく、中学生の時からスタイルがほとんど変わっていない。
かなりの天然で、私生活から学校内の行動、発言に至るまでその手のエピソードには事欠かない。
本人に自覚は無いが、ゆずにとっては女子力で勝てない相手であると同時に、そのゆずを含め生徒達から愛される存在でもある。

単行本編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1巻P51より家族の分も作っていると思われる。
  2. ^ しかも、授業時間中に。
  3. ^ 1巻P100より。
  4. ^ ゲーム自体好きであり、よく話題に出している。
  5. ^ 1巻P96より。
  6. ^ 学年成績3位。
  7. ^ 一晩かけてじっくり煮込んだソースが絶品。
  8. ^ 1巻P96より。
  9. ^ ハルカがダイエットしている事に気付いた時は何も言わずにダイエットメニューにするなどの気配りもした。