久米崇聖会

久米祟聖会から転送)

久米崇聖会(くめそうせいかい)は、12世紀以降のの時代に現在の中国福建省から琉球王国に渡来し、久米村(クニンダ)に定住していた華僑(久米三十六姓)の子孫による親睦団体。沖縄県那覇市に本部がある。

目次

概要編集

那覇市から無償貸与されている土地に建立された至聖廟孔子廟)などの維持管理をしている。那覇地裁は2018年4月13日にこれを「宗教的性格を色濃くもつ施設」と認定した上で、「憲法が禁止する地方公共団体による宗教的活動にも該当する」として、無償貸与は無効とした[1]篠原章は、公費による至聖廟の移設新築に必然性はなく、公園増設名目で市税や県税、国からの一括交付金を崇聖会への利益供与に転用したとの疑惑を呈している[2]

久米三十六姓の門中編集

門中とは、血縁団体のことである。

  • 蔡氏(蔡氏門中会)
  • 程氏
  • 鄭氏(鄭氏会)
  • 林氏
  • 金氏
  • 毛氏(久米國鼎会)
  • 紅氏
  • 楊氏
  • 魏氏
  • 陳氏
  • 梁氏(久米梁氏呉江会)
  • 阮氏(沖縄阮氏我華会)
  • 王氏(王姓門中会)

脚注編集

関連リンク編集

関連項目編集