メインメニューを開く

久米部正親

久米部 正親(くめべ まさちか、天保12年4月17日1841年6月6日)- 明治43年(1910年9月25日)は、新選組隊士、軍人。姓は粂部と表記されることもある。維新後は猪野忠敬と名乗る。

摂津国大阪出身。元治元年(1864年)に新選組へ入隊。伍長、軍目付を務めた。

慶応4年(1868年)に戊辰戦争が勃発し、鳥羽・伏見の戦いで負傷するが、甲州勝沼の戦いにも参戦。会津戦争では軍目付を勤めたが、如来堂[要曖昧さ回避]で新政府軍の猛襲を受け、山口二郎(斎藤一)ら旧新選組は離散。久米部は敗走を続けて、同年10月、銚子で降伏した。

釈放後、明治政府陸軍士官として出仕する。最終階級は陸軍中尉。明治43年、仙台で病死した。享年70。