九州職業能力開発大学校

九州職業能力開発大学校(きゅうしゅうしょくぎょうのうりょくかいはつだいがっこう)は、福岡県北九州市小倉南区にある職業能力開発大学校厚生労働省所管の独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が設置・運営する。

九州職業能力開発大学校
画像募集中
創立 1987年
公共/認定 公共職業訓練
訓練の種類 高度職業訓練
施設の種類 職業能力開発大学校
設置者 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
所在地 福岡県北九州市小倉南区志井1665-1
訓練課程 専門課程
応用課程
専門短期課程
ウェブサイト 九州職業能力開発大学校公式サイト
テンプレートを表示

九州ポリテクカレッジ(KPC)の愛称でも呼ばれる。

概要編集

専門課程4科、応用課程4科の学科が設置されており、各課程は2年間である。

沿革編集

  • 1987年昭和62年)- 小倉総合高等職業訓練校が転換され、北九州職業訓練短期大学校となる
  • 1993年平成5年)- 北九州職業能力開発短期大学校と改称
  • 1999年(平成11年)- 応用課程が新設され、九州職業能力開発大学校となる

訓練科編集

専門課程編集

機械システム系
  • 生産技術科
電気・電子システム系
  • 電気エネルギー制御科(平成24年度新設)
電子情報制御システム系
  • 電子情報技術科
居住システム系
  • 建築科

(注)平成21年度より入学金169,200円が必要[1]

応用課程編集

生産システム技術系
  • 生産機械システム技術科
  • 生産電子システム技術科
  • 生産情報システム技術科
  • ※生産電子情報システム技術科新設予定
居住・建築システム技術系
  • 建築施工システム技術科

(注)平成21年度より入学金112,800円が必要[1]

学生寮編集

遠隔地からこの大学校に入校を希望する学生のために、大学校の敷地内に学生寮が設けられている。県外からの学生が中心である。

基本的に個室であり、1人につき1室が与えられる。食堂があり、GW、夏休み等を除いて3食が出される。

月額は約20,000円で、これには光熱費、使用料が含まれている。食事は月20,000円程度

門限は夜10時である。

在職者訓練編集

2009年4月現在、在職者訓練として、ものづくり分野の能力開発セミナー(高度職業訓練の専門短期課程)を実施している。

過去に設置されていた施設編集

起業・新分野展開支援スポット編集

愛称は、九州創業サポートスポットである。新たな分野への技術進出を検討中の企業や独立して創業、起業を考える人を対象に、必要な総合的な相談を実施していたが、2010年(平成22年)3月31日で業務終了となった。

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集