九条教家

1194-1255, 鎌倉時代の廷臣。九条良経の次男。官位は正二位・権大納言。本姓は藤原。勅撰集『続古今和歌集』に5首入集

九条 教家(くじょう のりいえ)は、鎌倉時代前期の公卿書家太政大臣九条良経の次男。九条良輔の養子。官位大納言。なお、家名に関しては養父の良輔が八条院の養子になった経緯から、九条家とは別の八条家という別の家の存在を指摘する説もある[1]

 
九条教家
時代 鎌倉時代前期
生誕 建久5年(1194年
死没 建長7年4月28日1255年6月4日
改名 教家→観空→慈観(法名)
別名 号:弘誓院
官位 正二位大納言
主君 土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇
氏族 九条家
父母 父:九条良経、母:一条能保の娘
養父:九条良輔
兄弟 立子慶政道家教家基家、良尊、道慶
養兄弟:良平
テンプレートを表示

経歴編集

12歳で近衛中将となり、承元元年(1207年11月29日には14歳で従三位に叙される。建暦元年(1211年)1月に中宮権大夫建保2年(1214年)1月に中納言、同6年(1218年)1月に中宮大夫、12月に大納言に任じられる。また、書家としても優れ、弘誓院流を確立する。

嘉禄元年(1225年9月3日に32歳で明恵戒師として出家した。『公卿補任』によれば「菩提心」によるものとされているが、一説によれば養父・良輔の没後、九条家の実権を取り戻した教家の実兄・道家による追い落としの圧迫を受けたことに加え、良輔・教家親子の後見人的な存在であった慈円が危篤に陥り(9月26日死去)、将来を悲観したとする説もある(教家の出家により、道家の嫡男九条教実は上臈大納言となり、更に教家が任じられていた橘氏是定の地位を奪った)。なお、3日後には良輔・教家父子に仕えていた藤原光家定家の子)もこれに倣って出家している。

脚注編集

  1. ^ 樋口健太郎「八条院領の伝領と八条良輔」(初出:『年報中世史研究』40号(2015年)/所収:樋口『中世王権の形成と摂関家』(吉川弘文館、2018年) ISBN 978-4-642-02948-3

参考文献編集