九華公園(きゅうかこうえん)は、三重県桑名市吉之丸にある公園つつじ花菖蒲の名所として知られ、桑名市民の憩いの場として親しまれている。

九華公園
Kyuka Park
Kyuka Park01.jpg
九華公園・吉之堀と橋上の休憩所
分類 史跡公園(三重県指定史跡)
所在地
座標 北緯35度03分52秒
東経136度41分55秒
面積 7.20ha
設計者 小沢圭次郎
設備・遊具 本丸跡、水堀
駐車場 あり
バリアフリー あり
告示 1928年昭和3年)
テンプレートを表示

概要編集

九華公園は桑名城跡を公園として整備したもので、園内では桑名城ゆかりの様々な遺構を見ることができる。は公園全体の約6割を占め、水が張られている。堀上には多数の橋が架けられている。

園内には、ソメイヨシノしだれ桜山桜などの桜が約450本あり[1][2]、三重県下屈指の桜の名所となっている[3]。また、ヒラドツツジオオムラサキツツジといったつつじが約550本[4][5]、伊勢系、肥後系、江戸系の花菖蒲が約4000株ある[6][5]

歴史編集

桑名城としての歴史は、桑名城の沿革の節を参照のこと。

明治維新によって桑名城は灰燼に帰し、以後荒廃していたが、1928年昭和3年)に松平定信(守国公、楽翁)没後百年祭を記念して、本丸・二之丸一帯が九華公園として整備された。公園の設計者は、元桑名藩士で庭園史研究家の小沢圭次郎である[7]

1942年(昭和17年)に、「桑名城跡」が三重県指定史跡となった[8]。指定地域には九華公園の一部が含まれている。

施設等編集

祭・イベント編集

  • さくらまつり(4月1~15日)[1]
  • つつじまつり(5月1~15日)[4]
  • 花菖蒲まつり(6月1~15日)[6]

名称の由来編集

中国には九華扇という扇があり、桑名城の通称が扇城であることから、この公園に関連深いものと考えられる。一方、九華は「くはな(くわな)」と読むことができ、江戸時代には桑名を表すものとして使用された。そこで、城の通称と「くわな」の読みにかけて九華公園と名づけられたと言われている。

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b さくらまつり概要” (日本語). 桑名市観光ガイド. 桑名市役所. 2010年4月21日閲覧。
  2. ^ 九華公園” (日本語). お花見スポット. ぴあ. 2010年4月21日閲覧。
  3. ^ 桑名市にある旧東海道” (日本語). かんこうみえ. 三重県観光連盟. 2011年8月7日閲覧。
  4. ^ a b つつじまつり概要” (日本語). 桑名市観光ガイド. 桑名市役所. 2010年4月21日閲覧。
  5. ^ a b 九華公園” (日本語). K's PLAZA. 近畿日本鉄道. 2010年7月3日閲覧。
  6. ^ a b 花菖蒲まつり概要” (日本語). 桑名市観光ガイド. 桑名市役所. 2010年4月21日閲覧。
  7. ^ 西羽晃. “郷土史(人物編) - 小沢圭次郎” (日本語). 桑名市. 2010年7月3日閲覧。
  8. ^ 桑名城跡” (日本語). 桑名市埋蔵文化財整理所 桑名市の指定文化財. 桑名市教育委員会. 2010年7月3日閲覧。

外部リンク編集