メインメニューを開く

乳泉村の子』(にゅうせんむらのこ 原題:清凉寺的鐘声)は、1991年制作の中国映画中国残留孤児を題材にした映画である。

乳泉村の子
清凉寺的鐘声
監督 謝晋
脚本 リー・チュン
リー・チャ
製作 ユイ・ペンチョン
フー・チェン
チャン・リンフェイ
出演者 後述
音楽 チン・フーツァイ
撮影 ルー・チュンフ
編集 チョウ・ティンウェン
リー・フーチー
製作会社 上海電影制片廠
豪成影業公司
配給 東宝東和
公開 日本の旗 1993年4月3日
上映時間 121分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 イギリス領香港
言語 北京官話日本語
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

終戦後の1945年中国・旧満州の乳泉村。草むらの中に日本人の赤ん坊が捨てられているのを村の産婆・羊角(ヤンチャオ)が拾い上げ、家に連れて帰る。

羊角には耳の不自由な息子・葫蘆(フールー)がおり、彼の将来の事を考えた羊角はその赤ん坊を「狗娃」と名付け、自分の孫として育てる事を決める。しかし、娘の秀秀(シウシウ)が狗娃を実の弟のように可愛がるのとは対照的に、葫蘆は彼を嫌った。

さらに、戦争で日本に恨みを持つ村人たちからも狗娃は嫌われ、いじめられるが、羊角や秀秀の愛情を受けて狗娃はすくすくと成長し、やがて葫蘆も彼に優しく接するようになる。

しかしその後、葫蘆の事故死、養父母からの虐待、さらに秀秀の結婚など、狗娃は波乱の人生をたどった末、仏門に入り、明鏡(ミンチン)という僧侶となる。

時は流れ、立派な法師となった明鏡=狗娃は日中友好の使節である中国仏教団体の一員として、親の母国・日本へ行く事になった。そして、実の母親・大島和子に再会するのだった。

キャスト編集

関連項目編集

外部リンク編集