二十四輩(にじゅうよはい)は、浄土真宗の開祖である親鸞関東時代における24人の高弟。また、彼らを開基とする寺院を指す。

二十四輩は、全国に3巻現存する『二十四輩牒』により選定[要出典]されており、時代が下って親鸞の教えに背き誤った教義を広める者が増えたため、本来の教義を広め伝えるべく正しい教えを受け継ぐ直弟子を選出したものといわれている。数多い門弟から24人が選ばれた基準や経緯は不明な点も多く諸説あるが、いずれにせよこの24人が、関東における布教の上で重大な地位を占めていたことは間違いない。正慶元年(1332年)、如信の孫である空如が大網の願入寺に覚如を招いて如信の三十三回忌法要を行い、この時に空如によって『二十四輩牒』が執筆された。なお、覚如の『改邪鈔』には「二十余輩」という記述があり、必ずしも24人という定まった数ではなかった可能性がある[1]

長年の間に移転・再建を繰り返したり、元の寺から分流するうちに、二十四輩格を持つ寺院は180ヶ寺ほどに増えた。その後、「二十四輩会」によって正統の二十四輩寺院43ヶ寺が選定され、現在それらの寺院が二十四輩寺院を名乗っている。[要出典]

二十四輩の一覧編集

以下には二十四輩である24人の門弟の名を記す。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 今井雅晴 監修『親鸞聖人 関東ご旧跡ガイド』(本願寺出版社、2011年) ISBN 978-4-89416-720-9 p.11


関連項目編集