メインメニューを開く

性信(しょうしん、文治3年(1187年) - 建治元年7月17日1275年8月9日))は、鎌倉時代中期の浄土真宗の僧。俗姓は大中臣与四郎。常陸国の出身。親鸞二十四輩の筆頭。

1204年元久元年)熊野へ参詣したのちに法然に師事して浄土教を学び、のちに親鸞の弟子となった[1]下総国横曾根(現在茨城県常総市)に報恩寺を建立し、横曾根・飯沼を中心とする横曾根門徒の中心的人物となった。1249年1256年鎌倉幕府による念仏弾圧への対応で活躍した[1]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 草野顕之「性信」 - 朝日日本歴史人物事典、朝日新聞出版、1994年。

文献編集

  • 坂東性純編 『親鸞面授の人びと 如信・性信を中心として』 京都:自照社出版、1999年