二本松 晴国畠山 晴国(にほんまつ/はたけやま はるくに、生没年不詳)は、戦国時代武将二本松氏当主で、二本松氏第11代当主・二本松村国の嫡男であり、第12代当主・二本松家泰の父であるという。

二本松氏の諸系図上においては、晴国の名は第12代当主である家泰の別名として示されており、両者は同一人物であると思われるが、紫桃正隆は『戦国大名系譜人名事典 東国編』において、晴国を第11代当主とし(かわりに第8代満盛を除く)、第10代村国の子であり、第12代家泰・第13代義氏の父であるとして、晴国と家泰を別人としているが、二本松氏の諸系図上においては、家泰と義氏を兄弟としている『松府来歴金華鈔』・『積達館基考』においても、両者の父は村国ないし稙国(村国の別名)となっている。

後鑑』所収の「御内書引付」によると、将軍・足利義晴が二本松稙国に対し偏諱を与えて「晴国」と称させたといい、稙国を(村国とは別人で)晴国の初名とする見方もある。

関連項目編集

参考文献編集

  • 『戦国大名系譜人名事典 東国編』(新人物往来社、1985)
  • 『二本松市史』(福島県二本松市)
    • 第1巻 通史編1(原始・古代・中世)1999
    • 第3巻 資料編1(原始・古代・中世)1981