二階堂為氏

須賀川二階堂氏初代。遠江守。須賀川城主。父はあるいは式部大輔為治

二階堂 為氏(にかいどう ためうじ、- 寛正5年(1464年5月10日)は、室町時代武将二階堂行続の嫡男。通称は藤寿丸、二郎。

 
二階堂為氏
時代 室町時代
生誕 不詳
別名 二階堂盛重
官位 遠江守
幕府 室町幕府
氏族 藤原南家乙麻呂二階堂氏
父母 父:二階堂行続
兄弟 為氏矢田野盛秀
二階堂行光 (戦国時代)
テンプレートを表示

嘉吉3年(1443年)に家督を相続。幼少のため一族の二階堂治郎、北沢民部を代官として須賀川城に派遣し、鎌倉に留まっていたが、二人が現地で反乱を起こしたため下向し、鎮圧した。『鎌倉管領所領役考応仁武鑑』には、行続の遺児盛重が須賀川城主となり、約5万7000石を領し、陸奥守護職を務めたとある。

参考文献編集

  • 小和田哲男 編「戦国大名系譜人名事典 東国編」新人物往来社 1985年