二階堂氏(にかいどうし)は、公家武家の一氏族。特に陸奥国岩瀬郡を支配し須賀川城を居城とした戦国大名が著名である。

二階堂氏
家紋
三つ盛亀甲に花菱みつもりきっこうにはなびし
本姓 藤原南家乙麻呂
家祖 二階堂行政
種別 公家武家華族士族平民
出身地 鎌倉永福寺周辺
主な根拠地 相模国鎌倉郡二階堂村陸奥国岩瀬郡須賀川
著名な人物 二階堂行政二階堂行光二階堂行盛二階堂行泰二階堂行頼二階堂行実二階堂行綱二階堂頼綱二階堂行忠二階堂行貞二階堂貞衡二階堂盛義大谷元秀二階堂衛守二階堂行村二階堂進
支流、分家 藤原南家乙麻呂大谷氏(武家)藤原南家二階堂氏流泉田氏(武家)
薩摩二階堂氏(武家)
六郷氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

概説編集

二階堂氏は藤原姓で、南家藤原武智麻呂の子藤原乙麻呂子孫を称している。工藤行政が文官として源頼朝に仕え、二階堂が存在した鎌倉永福寺周辺に二階堂村を得たので二階堂氏を称したという。行政には行光行村の二人の子がいた。行光は鎌倉幕府の政所執事に任命され、一時親族の伊賀光宗が任じられた以外は二階堂氏から同職が補任される慣例が成立した。当初は行光を祖とする「信濃流」と呼ばれる一族が執事職を占めていたが、鎌倉時代中期に信濃流嫡流の執事の相次ぐ急逝によって信濃流庶流や行村を祖とする「隠岐流」を巻き込んだ執事職を巡る争い[注釈 1]が発生し、鎌倉時代末期には信濃流の二階堂行貞の系統と隠岐流の二階堂行藤の系統が交互に執事の地位を占め、前者は室町幕府でも評定衆の地位にあった[1]

本姓藤原朝臣二階堂氏流二階堂家〇〇宗家・分家。平安末期・鎌倉初期鎌倉幕府政所家令十三人の合議制別当工藤行政より建武政権足利幕府と約390年余を各府の実務官僚奉行衆奉公衆引付衆内談衆として使えたのち、数多庶子家は大名江戸幕府諸藩に使えた、その所領は日本全国に散在しており、多くの庶子家を出した。喜連川藩の家老であった二階堂氏は元は上総国椎津城を与えられた鎌倉府の家臣で小弓公方成立時にその傘下に入りそのまま喜連川氏に従った椎津二階堂氏の出身であるが、鎌倉府に仕えた二階堂氏の系統が複数もあるため、どの系統につながる二階堂氏かは不明である[2]。が。現在に至る。その子孫は皆藤原南家血統を得る。例外あり明治期に藤原北家に系図変更したものがある。これは「藤原一族の男系血統上の宗家藤原北家九条流嫡流と繋がることを期待する思惑があったものである。

なお『吾妻鏡』は後醍醐天皇と二階堂氏一族の資料をベースにした説が有力であるされる。 一説に鎌倉幕府十代政所執事二階堂行貞政所執事に就任した直後から吾妻鏡の編纂をはじめ、信濃流と隠岐流の長年の争いに終止符を打ったがその関係は修復される事はなかった。

隠岐流二階堂氏編集

鎌倉時代の二階堂行政の子・行村の流れで鎌倉時代中期から建武政権、室町幕府にかけて執事高家として活躍した。細かく分けると、行村の子である元行を祖とする「隠岐家」[3]、同じく行村の子である行義を祖とする「出羽家」[4]、同じく行村の子である行久を祖とする「常陸家」[5]、同じく行村の子である行方を祖とする「和泉家」[6]、行義の子である行有から分かれた「備中家」(広義の「出羽家」に含まれる)[7]に分けられる。

嫡流であった隠岐家は霜月騒動の影響で衰退し、本拠地を薩摩国に移して薩摩二階堂氏に発展する[8]

これに対して、鎌倉時代末期の備中家当主である二階堂貞藤は政所執事としての活躍の他、吉野攻撃の総大将など武将としても活躍した。建武政権でも貞藤は登用されたが、間もなく謀反の疑いで貞藤を含めた備中家のほとんどが処刑されて没落したが、貞藤の兄の時藤の系統のみが足利尊氏に従って後に鎌倉府の政所執事となり、須賀川二階堂氏もこの系譜と推定される[9]。出羽家と常陸家も貞藤一族の粛清に巻き込まれ[10]、和泉家は観応の擾乱足利直義に最後まで従って没落している[6]

信濃流二階堂氏編集

鎌倉時代の二階堂行政の子・行光の流れで、行光・行盛父子は相模国鎌倉郡二階堂村陸奥国岩瀬郡須賀川などを領し、鎌倉幕府執事として活躍したが、鎌倉時代中期からの宗教を利用し弾圧した政策に批判を受けて失脚し、相次ぐ当主の急逝によって衰退するが、室町時代になると再び勢いを取り戻し、室町幕府評定衆として活躍した。細かく分けると、行盛の子である元泰を祖とする「筑前家」[11]、同じく行盛の子である行綱を祖とする「伊勢家」[12]、同じく行盛の子である行忠を祖とする「信濃家」[3]に分けられる。

3家とも鎌倉幕府の滅亡や観応の擾乱で足利直義方に付いたことで大きな打撃を受けたが、赦された後は勢力を持ちなおして鎌倉府の執事を輩出している[13]。著名なところでは、足利持氏期に執事を務め、その使者としてたびたび室町幕府と交渉した伊勢家の子孫とみられる二階堂盛秀などが知られる[14]。京都にいた信濃家の二階堂行直(高衡)・行元兄弟は政所執事を務めた。行元は叔父の高貞(行広)の養子となり、観応の擾乱では足利直義に従ったが、やがて京都に復帰する。政所執事は後に伊勢貞継に奪われたものの、子孫は評定衆として定着する[15]。行元の系統は忠広(元栄)・之忠・忠行と継承され、忠行の代に再び政所執事となる。これは足利義政の元服を足利義満の先例を元に行おうとした際に当時の政所執事は二階堂行元であったことから、今回も二階堂氏の政所執事が相応しいと言う意見が出たことによる(当時の伊勢氏と二階堂氏が縁戚関係であったことも長く執事職を独占してきた伊勢氏が行元に執事を譲ることを同意したのも大きい)[16]。忠行の子である二階堂政行は足利義尚の腹心として伊勢氏・摂津氏と権勢を争った。だが、義尚が急死するとその反動で失脚に追い込まれている[17]。その後、嫡男である尚行が継承し、足利義澄の元服の際には義満・義政の例に倣うということで伊勢氏から1日だけ政所執事を譲られているが父に先立って病死している[18]。尚行の急死後は弟の有泰、その子とみられる晴泰に継承されている。晴泰は足利義昭の時代まで活動しているのが知られるが、義昭が織田信長に追放された後の消息は不明である[19]

鎌倉幕府政所執事足利幕府政所執事二階堂行朝の子政所執事二階堂行通子孫に「読み、大谷、おおや」藤原南家乙麻呂流二階堂氏流大谷氏大谷元秀がいるが、真宗大谷派大谷家とは無関係であり関係ない。

二階堂氏唯一の盲目政所執事代。 二階堂行通、父 二階堂行朝、兄弟 二階堂行親二階堂行良女子 二階堂顕行の室、官職 美濃守・左衛門尉、幕府政所執事代、―席次争いで面目を失う―、足利幕府政所執事をつとめた二階堂行朝(行珍)の子。通名「四郎左衛門尉」。貞和3年(正平2、1347)正月12日に足利直義邸で行われた「弓場始」において、二階堂行通中条秀長と席次を巡って口論となり、面目を失ったとしていきなり出家し、「行宏」と号した(「師守記」)。貞和5年(正平4、1349)8月13日に高師直一派が師直邸に集結、敵対する足利直義一派が直義邸に集った際、二階堂行通は直義邸に馳せ参じている(なお因縁のある中条秀長は師直派に走った)。父・二階堂行朝も当初は直義派に属していたので行動を共にしたものと思われる。直義派が師直派を破って一時的に勝利をおさめた、この騒動後に観応の擾乱正平5年/観応元年1350年 10月26日 – 正平7年1352年2月26日)が発生した。 観応2年(正平6、1351)に足利幕府政所執事代をつとめたが、観応の擾乱期に同年7月10日に父に先立って急逝した。

須賀川二階堂氏編集

鎌倉時代の信濃流二階堂氏備中家の流れである。

文安元年(1444年)頃、鎌倉から二階堂為氏が須賀川に下向し、命令に従わなくなった須賀川代官二階堂治部大輔を討ち、須賀川城に入ったという。この為氏が須賀川二階堂氏の初代当主ともいわれている。

これに対して、現存の系譜や古文書からは二階堂貞藤の兄・時藤の養子であった二階堂成藤の子孫が足利満貞に従って奥州に下って須賀川二階堂氏の直接の先祖になったと推定される[20]

天文11年(1542年)に勃発した天文の乱と呼ばれる伊達氏の内訌(ないこう)に端を発した大乱では、伊達稙宗の娘婿二階堂照行(輝行とも)は稙宗方となっている。

永禄年間(1558年から1570年)になると、度々蘆名氏に攻められ、二階堂盛義息子を人質として送り講和した。

盛義の死後当主となった二階堂行親は早世し、その跡は盛義の未亡人であり、伊達政宗の伯母にあたる阿南の方(大乗院)が継いでいた。そのため政宗も幾度となく降伏を薦めたが、阿南の方はこれを頑強に拒否。天正17年(1589年)10月26日政宗に攻められて、須賀川城は落城した。阿南の方はその後政宗を嫌って甥の岩城常隆を頼り、常隆の死後は佐竹義宣の元に身を寄せた。佐竹氏が出羽に移封されると病のため須賀川に留まることになり、1602年に62歳で没したという。

薩摩二階堂氏編集

隠岐流二階堂氏隠岐家の子孫で薩摩国戦国時代の有力国人で後に島津氏家臣となった二階堂氏は、この一族の一部が鎌倉時代末期に所領の一部のあった薩摩国阿多郡(現鹿児島県南さつま市)に下向以後土着した流れで、この系統の末裔が自由民主党副総裁幹事長などを歴任した二階堂進であり、その住居が重要文化財に指定されている二階堂家住宅である。 自由民主党幹事長二階俊博とは無関係であり関係ない。

また、嫡流を称する田布施郷士の二階堂氏と分流の加治木郷士の二階堂氏は島津綱貴側室を出した縁で城下士に転籍し、後に家老などの重役を出するようになっている。

出羽二階堂氏編集

六郷氏を参照。

尾張二階堂氏編集

大谷元秀二階堂衛守を参照。

二階堂氏当主編集

鎌倉時代

  1. 二階堂行政
  2. 二階堂行光
  3. 二階堂行盛
  4. 二階堂行泰
  5. 二階堂行頼
  6. 二階堂行実
  7. 二階堂行綱
  8. 二階堂頼綱
  9. 二階堂行忠
  10. 二階堂行貞
  11. 二階堂貞衡

一族・主要家臣編集

工藤氏)----工藤維遠工藤維兼工藤維行工藤行遠

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 鎌倉年代記裏書によれば、正応3年(1290年)正月、鎌倉において当時の政所執事二階堂行忠の嫡孫・行貞に対する暗殺未遂事件が発生したという。当時、行忠は高齢(正応3年に死去し、行貞が執事職を世襲)で、その後継者の巡る事件とみられている。
  • 絶版につき出典できない資料含む。

出典編集

  1. ^ 細川 1999, p. [要ページ番号].
  2. ^ 木下 2018, p. 256-257.
  3. ^ a b 木下 2018, p. 236-238.
  4. ^ 木下 2018, p. 238-240.
  5. ^ 木下 2018, p. 243.
  6. ^ a b 木下 2018, p. 244.
  7. ^ 木下 2018, p. 240-243.
  8. ^ 木下 2018, p. 237-238.
  9. ^ 木下 2018, p. 240-242・251.
  10. ^ 木下 2018, p. 239・243.
  11. ^ 木下 2018, p. 224-226.
  12. ^ 木下 2018, p. 227-230.
  13. ^ 木下 2018, p. 224-238.
  14. ^ 木下 2018, p. 253.
  15. ^ 木下 2018, p. 231-233.
  16. ^ 木下 2018, p. 258-260.
  17. ^ 木下 2018, p. 261-267.
  18. ^ 木下 2018, p. 267.
  19. ^ 木下 2018, p. 267-269.
  20. ^ 木下 2018, p. 251.
  • 絶版につき出典できない資料含む。

参考文献編集

  • 太田亮 『姓氏家系大辞典』、上田萬年三上参次監修 角川書店、1963年11月。 NCID BN01488361 
  • 細川重男 「政所執事二階堂氏の家系」、鎌倉遺文研究会編 『鎌倉時代の社会と文化』 東京堂出版〈鎌倉遺文研究 2〉、1999年4月。ISBN 978-4-490-20375-2 
  • 木下聡 「二階堂氏」 『室町幕府の外様衆と奉行衆』 同成社、2018年4月。ISBN 978-4-490-20375-2 
史料
系譜参考

外部リンク編集