メインメニューを開く

井上広居

井上広居

井上 広居(いのうえ ひろやす、元治元年10月4日[1]1864年11月3日) – 昭和31年(1956年6月5日[2])は、衆議院議員立憲国民党立憲同志会憲政会)、秋田市長

経歴編集

久保田藩士小貫久之進の子として生まれ、井上福治の養子となった[1]漢学を学んだ後、上京して東京専門学校(現在の早稲田大学)に入学した[3]1886年明治19年)に卒業した後は、秋田魁新報社に入社し、やがて主筆、さらに社長に就任した[3]

1892年(明治25年)、秋田市会議員に当選した[4]。市参事会員、市会議長を歴任し、また県会議員、県参事会員、県会議長にも就任した[3]

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。1915年大正4年)の第12回衆議院議員総選挙でも再選された。

1916年(大正5年)に秋田市長に選出され、1932年(昭和7年)まで在任した[4]。在任中は小学校の施設充実、商業学校の設立、上下水道の整備、産業振興に尽力した[4]

市長退任後の1936年(昭和11年)からは県教育会長を務めた[4]

戦後、秋田魁新報社長のため、公職追放となった[5]

脚注編集

  1. ^ a b 『人事興信録』
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ a b c 『現代日本の政治家』立憲同志会pp.19-21
  4. ^ a b c d 『自治制発布五十周年記念帖』p.247
  5. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年160頁。NDLJP:1276156 

参考文献編集

  • 帝国地方行政学会編 『自治制発布五十周年記念帖』 帝国地方行政学会、1938年
  • 細井肇 『現代日本の政治家』 国光社、1916年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ2003年