井上 貞蔵[1](いのうえ ていぞう、1893年明治26年)1月[2] - 没年不明)は、日本商学博士[2]

人物編集

神奈川県都筑郡田奈村大字長津田(現横浜市緑区長津田)出身。1917年第一高等学校を卒業[1]1920年東京帝国大学経済学部を卒業[1][2]1922年日本大学商学部講師[1]1924年、日本大学商学部教授兼学監心得[1]

1924年より1926年まで経済政策研究の為独逸及び英国に留学[1]1927年、日本大学商経学部教授兼学監[1]1936年、主論文「商業使用人問題の研究」及び副論文「商店法論」により「商学博士」を授与される[1]

日本大学商経学部長、東京商工奨励館長、繊維需給調整繊維製品配給各協議会専務理事、日本再建新生活連盟会長を歴任[2]。著書には『一経済学徒の断草』[3]、『商業使用人問題の研究』[4]、『商店法論』[1][5]などがある。

主張は民主自由主義[2]。趣味は俳句川柳[2]。宗教は禅宗[2]。住所は東京都中野区富士見町[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『新訂 商店法論』著者略伝(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第15版 上』イ9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年11月20日閲覧。
  3. ^ 『一経済学徒の断草』(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年11月20日閲覧。
  4. ^ 『商業使用人問題の研究』(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年11月20日閲覧。
  5. ^ 『商店法論』(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年11月20日閲覧。

参考文献編集

  • 『一経済学徒の断草』邦光堂、1927年。
  • 『商店法論』有斐閣、1933年。
  • 『新訂 商店法論』巌松堂書店、1937年。
  • 『商業使用人問題の研究』千倉書房、1937年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。