メインメニューを開く

第一高等学校 (旧制)

第一高等学校(だいいちこうとうがっこう、英語: First Higher School, Japan)は、現在の東京大学教養学部および、千葉大学医学部、同薬学部の前身となった旧制高等学校である。「旧制一高」とも呼ばれる。

第一高等学校(一高)
創立 1886年明治19年)
所在地 1935年まで
東京市本郷区向ヶ丘
(現:東京都文京区

東京市目黒区駒場町
(現:東京都目黒区駒場)
初代校長 木下廣次
廃止 1950年(昭和25年)3月24日
後身校 東京大学、千葉大学
公式ウェブサイト 第一高等学校ホームページ
旧一高本館(1935年建築)。現:東大駒場Iキャンパス1号館

目次

概要編集

 
旧制第一高等学校本館(1902年)

旧制一高は、旧制高等学校の中でも早い時期に創設されたナンバースクールの先駆けであり、1886年(明治19年)に、日本の近代国家建設のため必要な人材の育成を目的として第一高等中学校として創設された。

校名が第一高等学校に改称された1894年(明治27年)以降、一高の修学期間は3年となり、帝国大学予科と位置付けられた。一部は法学政治学文学、二部は工学理学農学薬学、三部は医学であった。また、1921年以降は、文科甲/乙/丙類、理科甲/乙類という分類となる。

一高の卒業生の多くは東京帝国大学へ進学し、戦後、GHQの指導による学制改革に伴って1950年に廃止されるまで、全国から集まった優秀な学生と一流の教授陣により、一高は総計18,633人の卒業生を輩出し、政界、官界、財界、学界などあらゆる分野でエリートとして活躍する有為な人材を世に送り出した。

一高の特色としては、1890年代から始まった、学生による自治制度と、皆寄宿制度(全寮制)が挙げられる。学校における学問の他に、寮室における先輩・後輩、文科生・理科生の別なく、議論を交わし、友情を深め、啓発・刺激し合った関係から、さらに有為な人格が形成されていった。

一高では生徒訓育を目的に、倫理講堂正面に文人の代表として菅原道真の、武人の代表として坂上田村麻呂肖像画が掲げられていた[1]

一高の廃止後、その校舎や組織は、新制東京大学教養学部前期課程(2年間)に組み込まれた。このため、東京大学駒場キャンパスにおいては、現在でも旧制一高時代の校舎や「一高」と刻まれたマンホールの蓋を見ることができるほか、駒場キャンパスの正門には、ローマ神話の女神ミネルヴァの「文」を意味するオリーブ(橄欖)と軍神マルスの「武」を表す柏葉を象った文武両道を表した一高の校章がはめられている。

一高生の出身校編集

小学校

明治期大正期、現在までに百年来の歴史を持つ文京区誠之小千代田区番町小麹町小の各小学校には、都下の有力者の子弟が学区を超えて集まり、その多くが「一高 - 帝大」コースを歩んだ[2]。これは当時、学区である文京区西片や千代田区番町麹町に居を構えることが日本を代表する最高の「エスタブリッシュメント」であったことから、選抜試験を施さない公立小学校でありながら、これら三つの小学校は「御三家」と呼ばれ、帝大教授の子弟や貴族院議員の係累、子爵の末裔まで、およそ日本の上流階級が好んで集ったからである[2]

中等学校

下の表は、1907年(明治40年)に旧制第一高等学校に入学した学生の出身中学校(旧制)別ランキングを一高への入学者数が多い順に上位12校まで示したもの、および1934年 - 1942年(昭和9年 - 昭和17年)の間に同高に入学した学生の出身中学校別ランキングを、同様に多い順に上位12校まで示したものである[3]

エリートの代名詞として「一中 - 一高 - 帝大」などと喧伝された官公立の東京府立第一中学校(現・都立日比谷高校)や東京府立第四中学校(現・都立戸山高校)、官立では東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大附属中・高)、私立では、明治期までは独語試験の一高三部(医科)に多数の合格者を送り出していた獨逸学協会中学校(現・獨協中・高)が一中などと合格者数首位争いを演じ、早稲田中学校(現・早稲田中・高)や開成中学校(現・開成中・高)などが、多くの生徒を一高に送り込んでいたことが分かる。下表には挙がっていないが、日本中学校(現・日本学園中・高)、大成中学校(現・大成高)、順天中学校(現・順天中・高)なども知られていた。

また、明治の一時期において、10年間程度の短期間ではあるが、一部の官公立(後に一部の私立も含める)旧制中学校の成績優秀な生徒に対して、無試験(のち一部科目免除の試験に改定)で一高をはじめとするナンバースクールへ入学できる特権的な推薦枠(連絡)が用意されていた。

明治40年(1907年)
第一高等学校入学者輩出校
順位 出身旧制中学校
カッコ内は現在校名
一高入学者数
1 府立一中
都立日比谷高
35
2 府立四中
都立戸山高
33
2 東京高等師範附属中
筑波大附属中・高
33
4 早稲田中 31
5 京北中 29
6 獨逸学協会
獨協中・高
28
7 京華中 27
8 開成中 26
9 錦城中 20
9 郁文館中 20
11 府立三中
都立両国高・中
19
12 東京中 16
12 麻布中 16
昭和9年~昭和17年
(1934年~1942年)
第一高等学校入学者輩出校
順位 出身旧制中学校名
カッコ内は現在校名
一高入学者数
1 府立一中 430
2 府立四中 234
3 府立五中
都立小石川中等
207
4 第一神戸中
神戸高
130
5 府立三中 120
6 東京高等師範附属中 115
7 府立六中
都立新宿高
87
8 府立八中
都立小山台高
70
9 湘南中
湘南高
61
10 麻布中 56
11 横浜一中
希望ヶ丘高
54
12 第一東京市立中
区立九段中等
50

沿革編集

 
900番教室
 
特設高等科(101号館)

寮歌編集

  • 『全寮寮歌(闇の中なる)』 - 1901年(明治34年)、作詞:大島正徳、作曲:島崎赤太郎
  • 春爛漫の花の色』 - 1901年(明治34年)、第11回紀念祭西寮寮歌。作詞:矢野勘治、作曲:豊原雄太郎
  • アムール川の流血や』 - 1901年(明治34年)、第11回紀念祭東寮寮歌。作詞:塩田環、作曲:栗林宇一または永井建子
  • 嗚呼玉杯に花うけて』 - 1902年(明治35年)、第12回紀念祭東寮寮歌。作詞:矢野勘治、作曲:楠正一
  • 『新墾の此の丘の上』 - 1937年(昭和12年)、第47回紀念祭寮歌。学校を本郷から駒場へ移転した心持が歌われている。
  • 『デカンショ節』 - 元は兵庫県篠山の民謡。厳密には寮歌ではないが、ストームと呼ばれる行為の際に歌われた。

主な部活動編集

  • 文芸部 - 芥川龍之介久米正雄川端康成堀辰雄など文壇を担う人物を多数輩出。
  • 弁論部 - 多くの政治家や官吏を輩出した。また徳富蘆花を招いたことがきっかけとなり物議をかもした。なお、現在の東京大学の弁論部に引き継がれ“第一高等学校・東京大学弁論部”と称されている。
  • 撃剣部 - 山里忠徳を師として剣道、長刀のほか宝蔵院流高田派槍術を生徒らに伝授し、同術を失伝から守った。
  • 野球部 - 東京六大学に先がけ創設。横浜外人を破るなど一時国内最強を誇り、彼らが行った猛練習、ミート重視の単打戦法などは、今なお野球界に強い影響を与えている。第三高等学校(京都)と定期戦を行った。
  • 水泳部 - 部員であった塩谷温達により兵庫県の民謡であったデカンショ節が伝播され、一高生を通じて民間に普及した。また、紀念祭で踊られた“河童踊り”が現在の東京大学水泳部によって駒場際にて踊られている。

事件・出来事編集

インブリー事件
1890年5月17日明治学院との野球試合開催中に明治学院の応援に来るのに一高の垣根を乗り越えた神学教師ウィリアム・インブリーに投石、負傷させた事件
内村鑑三不敬事件
1891年1月9日教育勅語拝戴式で講師(寮の舎監で校長・教頭に次ぐNo.3)の内村鑑三が、教育勅語に記された御親筆の御名に敬礼しなかったため辞任に追い込まれた
寮歌
1902年3月1日、第12回紀念祭にて寮歌嗚呼玉杯」が初めて発表された
藤村操の自殺
1903年5月22日、在学生の藤村操が「巌頭の感」の一文を遺し華厳滝で投身自殺した。哲学的煩悶のための自殺として世間に衝撃を与えた(夏目漱石を参照)
謀反論講演
大逆事件の翌年(1911年2月1日)、弁論部大会で作家の徳富蘆花が『謀反論』の講演を行い、学生の感動を呼ぶ(文部省内では物議をかもす)
マント事件
1912年4月、在学していた菊池寛が、友人であった佐野文夫が他の学生から無断借用した制服のマントを(佐野の依頼で)質入れしたことをきっかけに窃盗の嫌疑をかけられ、無実の罪をかぶって退学した事件。菊池は後年、この経緯をモデルにした小説『青木の上京』を執筆した。

話題編集

 
後身校である東大駒場Iキャンパスの銀杏並木
  • 籠城主義
    • 1890年に自治寮ができ、1901年以降全寮制が確立した。全国のエリート男子が集まり青春を過ごす自治寮を中心に独自の校風が生まれた。俗世間から隔絶した校風を誇る言葉が籠城主義である。校長・新渡戸稲造は籠城主義は排他的になり、高慢になりがちであるなどと戒めている。
    • 寮のストーム
    • デカンショ節
    • 寮の紀念祭
      • 寮の各部屋を思い思いの趣向で飾った。学生、招待客ともに楽しみにしていた行事である
    • 鉄拳制裁

関係人物一覧編集

一高に関連した作品編集

関連文献編集

脚注編集

  1. ^ 水崎雄文 2004, p. 30.
  2. ^ a b 『総理の乳母:安倍晋三の隠された原風景』七尾和晃著 創言社 2007、p61-p63
  3. ^ 「東大合格高校盛衰史」(小林哲夫、光文社新書、2009年)

関連項目編集

外部リンク編集