井上靖文学館(いのうえやすしぶんがくかん)は、静岡県長泉町にある博物館井上靖を記念して作られた施設で『あすなろ物語』に登場する愛鷹山の山麓にある。所在地は静岡県長泉町東野クレマチスの丘で、ベルナール・ビュフェ美術館に隣接する。

概要編集

井上靖を記念する施設。旧制沼津中(現静岡県立沼津東高等学校)の井上の後輩でスルガ銀行三代目頭取の岡野喜一郎らによって1973年に設立された[1]。建物は『しろばんば』に登場する土蔵のデザインの鉄筋コンクリート二階建て[1]

主にスルガ銀行とグループ企業からの寄付で一般財団法人により運営されていたが、寄付による維持管理が難しくなり財団が解散[1]。2021年度からは事業譲渡を受けた長泉町が運営することになった[1]。これに伴い2020年度の営業は2021年1月末で終了し改修工事に入った[1]。改修後の再開時期は未定[1]

利用案内編集

  • 所在地:〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘515-57
  • 開館時間:月により異なる。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集

座標: 北緯35度10分20.7秒 東経138度52分8.2秒 / 北緯35.172417度 東経138.868944度 / 35.172417; 138.868944