メインメニューを開く

井阪 隆一(いさか りゅういち、1957年10月4日 - )は、日本企業家セブン&アイ・ホールディングス代表取締役社長、日本経団連審議員会副議長。

略歴編集

井阪健一野村證券副社長、東京証券取引所副理事長、大阪経済大学理事長を歴任)の子として東京都に生まれる。

東京都立駒場高等学校青山学院大学法学部卒業後、1980年セブン-イレブン・ジャパンに入社。商品本部食品部シニアマーチャンダイザー、取締役商品本部食品部長、取締役執行役員商品本部食品部長、取締役常務執行役員商品本部食品部長を経る。2009年5月に代表取締役社長(最高執行責任者)に昇格、同時に(株)セブン&アイ・ホールディングス取締役に就任した。前任の山口俊郎は退任し、顧問に就任。

2016年5月、セブン&アイ・ホールディングス社長に昇格[1][2]2018年5月、日本経団連審議員会副議長[3]

脚注編集


先代:
村田紀敏
セブン&アイ・ホールディングス社長
第2代:2016年 -
次代:
(現職)
先代:
山口俊郎
セブン-イレブン・ジャパン社長
第4代:2009年 - 2016年
次代:
古屋一樹