交響曲第2番 (ティペット)

交響曲第2番は、マイケル・ティペット1956年から1957年にかけて作曲した交響曲である。初演は1958年2月エイドリアン・ボールト指揮によって行われた。

楽器編成編集

フルート2(2奏者はピッコロ持ち替え)、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、コントラファゴットホルン4、トランペット2(C調)、トロンボーン3、チューバティンパニ小太鼓シンバル大太鼓ピアノチェレスタハープ弦五部

演奏時間編集

約35分。

楽曲構成編集

  • 第1楽章 アレグロ・ヴィゴローソ 
    ソナタ形式
  • 第2楽章 アダージョ・モルト・エ・トランクイロ。
    三部形式。トロンボーンによる序奏の後、チェロにより主部が提示される。
  • 第3楽章 プレスト・ヴェローチェ 
    スケルツォ楽章。
  • 第4楽章 アレグロ・モデラート

参考文献編集