享年(きょうねん)とは、死亡時の年齢を表す漢語[1]が「から(う)けた数」という意味であり、この世に存在した年数である[2]。「行年ぎょうねん」ともいい「娑婆で修した数」、「(時が進むの意味)[注 1]数」の意味。

語義編集

年齢を表す漢語表現には「年歯(ねんし)」、「享年(きょうねん)」、「行年(ぎょうねん)」、「春秋(しゅんじゅう)」などがある[1]。このうち享年(きょうねん)は死亡時の年齢を表す漢語で相対的に新しい表現とされている[1]

位牌などに享年(あるいは行年)を記載することがあるが、寺院や地域によって解釈に違いがある[3]

まず、日本では満年齢の概念が存在せず数え年のみが使われていたため、享年にも伝統的に数え年が使用されていた。数え年は元日を基準とするので新暦の導入[注 2]以前は暦法により元日新暦とは異なる。ただ将来分かりやすいよう享年を満年齢で墓に彫刻する例もあれば、既に彫刻されている先祖の年齢表記の方法に合わせて彫刻する例もある[3]。「享年」と「行年」に関して現実には寺院や地域によって解釈に違いがあるため、位牌の記載などに関しては寺院などで確認する必要がある[3][4]

また、本来、「享年」は何年生きたかであり数字の下に「歳」を付けないが、「行年」は何歳まで生きたかであるから数字の下に「歳」を付けるとされた[2][4]。しかし、国立国語研究所によると「享年〜歳」の用例は近世の文語平叙文にみられる表現としている[2][5]。享年に「歳」を付ける表記も一般的になりつつあり、例えば『広辞苑』など一部の国語辞典では凡例に「享年〜歳」と記載している[2]

なお、中村元ほか編著の岩波仏教辞典には、「享年」の同義語である「行年」について、「特に仏教語というわけではない」とある。

曹洞宗僧侶に対して使用する場合は「世壽」の語を用いる。

注釈編集

  1. ^ 『漢字源』学研、「行」の項を参照。
  2. ^ 日本では1873年明治6年)1月1日に、新暦(グレゴリオ暦)を導入する。明治5年12月2日(グレゴリオ暦:1872年12月31日までは、旧暦(天保暦天保15年1月1日(グレゴリオ暦:1844年2月18日)導入))を用いていた。

脚注編集

  1. ^ a b c 山口尭二「年齢を表す名調語棄の変遷」『佛教大学文学部論集』第87巻、佛教大学、2003年、 29-42頁。
  2. ^ a b c d 日盲社協通信 No.70”. 日本盲人社会福祉施設協議会. 2022年4月3日閲覧。
  3. ^ a b c 追加彫刻について”. 真駒内滝野霊園. 2022年4月3日閲覧。
  4. ^ a b 位牌受注時における戒名に関する注意点”. さがみ典礼. 2022年4月3日閲覧。
  5. ^ 曲亭馬琴の作品、竹豊故事(1756年宝暦6年)刊)などでも、「歳」をつけており、現在の誤用であるとは言えない。国立国語研究所のFAQでは、使ってとがめられるほど大きな間違いとはいえないとしている。

関連項目編集

外部リンク編集