ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

(ひと、にん、じん)

現代中国語では「rén(レン)」、 朝鮮語では「인(イン)」と読む。

人(ひと)編集

一般概念
  • 関係性や人格から捉えられた人。
    • 心だて[1]。心の性質。「まあ、○○さんたら、人が悪い」「彼は人が変わった」などと使う。
  • (法律用語)権利・義務の主体となる人格[1][2][3]。権利能力が認められる社会的実在としての人間のこと[2][3]
  • 相違点を越えた《類》("なかま")としての人間。
  • 生物学上の人。
  • 個々の人。
  • 特別な関係にある人[1]。「ひとはこなたざまに心寄せて」(蜻蛉日記)など[1]。主に夫や妻など[1]
  • ほかの人[1]。「ひと(人)のことは気にするなよ」などと使う。
固有名

人(にん)編集

  • 人(ひと)を数えるときに用いる助数詞。
    • 「3人(さんにん)、4人(よにん)...」と数える。
  • 漢字部首の一つ。

人(読み不詳)編集

人名

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 広辞苑「ひと【人】」
  2. ^ a b ブリタニカ百科事典
  3. ^ a b 自然人とは コトバンク”. 2017年3月28日閲覧。

関連項目編集