京都写真家協会(きょうとしゃしんかきょうかい、略称KPS)は京都府のプロ写真家の組織で、1970年(昭和45年)に設立。

当時、プロの写真家の団体として(社)日本写真家協会(JPS)や(社)日本広告写真家協会(APA)などの数団体が全国組織で活動していたが、地域の団体として組織化されたのは全国初となった。 発起人代表者は小西晴美中島良太郎村田奎太郎山本建三。フォトジャーナリストのアーネスト・サトウ (写真家)や、京都写真界の草分けである小林文司らが創立会員にいる。

沿革編集

  • 1970年(昭和45年) - 京都広告写真家協会発足
  • 1981年(昭和56年) - 京都写真協会に改称
  • 1995年(平成7年) - 創立25周年をもって、京都写真家協会に改称

主催事業編集

外部リンク編集