メインメニューを開く

人生を楽しめ』(じんせいをたのしめ、ドイツ語: Freuet Euch des Lebens作品340は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲したウィンナ・ワルツ

『人生を楽しめ』
ドイツ語: Freuet Euch des Lebens
Strauss Johann Sohn-Op 340 Freuet Euch des Lebens Spina.jpg
楽譜表紙(C.A.シュピーナ社出版)
ジャンル ウィンナ・ワルツ
作曲者 ヨハン・シュトラウス2世
作品番号 op.340
初演 1870年1月15日

目次

楽曲解説編集

1870年1月5日、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世臨席のもとでウィーン楽友協会の落成式が執り行われた。1月15日に開場記念舞踏会が黄金ホールで開催され、そこでシュトラウス3兄弟はそれぞれ新作を披露した。ヨーゼフ・シュトラウスはポルカ・フランセーズ『芸術家の挨拶』を披露し、エドゥアルト・シュトラウス1世はポルカ・マズルカ『氷の花』を披露し、そして長兄のワルツ王ヨハン・シュトラウス2世はこのワルツ『人生を楽しめ』を披露したのであった。

ヨハン2世の音楽家生活50周年の祝賀作品として1894年に制作されたバレエ『ウィーン巡り』にも、このワルツの一部分が登場する[1]ヨーゼフ・バイヤーが作曲したこのバレエには計27曲のシュトラウス音楽が登場しており、そのうちのひとつという扱いである[1]。同じくヨハン2世の音楽家生活50周年の祝賀作品として弟エドゥアルトが作曲した、ヨハン2世の代表作メドレー『ヨハン・シュトラウスのワルツによる花冠』(作品292)にも使用されている。

構成編集

序奏、5つの小ワルツ、コーダからなる。

第1ワルツ

 

第2ワルツ

 

第5ワルツ

 

なお、第5ワルツの一部は、のちにグスタフ・マーラー交響曲第9番の第1楽章に借用している。

ニューイヤーコンサート編集

 
2012年放映のバレエシーン

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートへの登場は以下の通りである。

関連作品編集

  • ポルカ・フランセーズ『芸術家の挨拶』 - 弟ヨーゼフの作品。(作品274)
  • ポルカ・マズルカ『氷の花』 - 弟エドゥアルトの作品。(作品55)

出典編集

  1. ^ a b 若宮 2011, p. 164.

参考文献編集

外部リンク編集