メインメニューを開く
ガボンの牙製マスク

人類博物館(じんるいはくぶつかん、: Musée de l'Homme)はフランス博物館であり、民族学者ポール・リヴェ英語版1937年パリ万国博覧会の際に設立した。1882年に設立されたトロカデロ民族誌博物館英語版の後身であり、1878年パリ万国博覧会パリ16区に建設されたシャイヨ宮パッシー側のほとんどの部分を占めている。

同博物館は、16世紀に珍品陳列室と王室キャビネットでつくられた歴史的蒐集物を引き継いでいる。これらの展示は19世紀を通じて充実し、さらに今日もなおつづいている。その目的はすべてのものを一か所にあつめることであり、人類なるものを定義することをねらいとしている。それは、進化におけるヒト(先史時代)、統一性と多様性におけるヒト(人類学)、文化的社会的表現におけるヒト(民俗誌)である。

同博物館は、さまざまな省庁当局の管轄下にある研究センターであり、フランス国立科学研究センターCNRS)からのいくつかの統一グループである。この展示のうちのある部分は、ケ・ブランリ美術館[1]に移される予定である。

1974年までは、同博物館は、サラ・バートマンの遺体をディスプレイしていた。

関連事項編集

編集

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。

外部リンク編集