今上帝 (源氏物語)

『源氏物語』の登場人物
源氏物語 > 源氏物語の登場人物 > 今上帝 (源氏物語)

今上帝(きんじょうてい・きんじょうのみかど)は、『源氏物語』に登場する四番目の(在位:「若菜下」 - )。架空の人物。朱雀帝の第一皇子で、母は承香殿女御(髭黒の姉妹。今上帝即位前に没、即位後皇太后を追贈)。物語終了時をもって在位中のため、便宜的に今上帝と呼ばれることが多い。

今上帝
源氏物語のキャラクター
初登場 若菜
詳細情報
性別 男性
職業 天皇
家族 父:朱雀帝
母:承香殿女御
配偶者 明石中宮
藤壺女御
某更衣
子供 東宮
二の宮
匂宮
常陸宮
五の宮
女一宮
女二宮
親戚 冷泉帝(先代帝)
(女二宮の夫)
宗教 神道および仏教
国籍 日本
テンプレートを表示

后妃 編集

  • 明石中宮光源氏(六条院)の娘。東宮、二の宮、匂宮、五の宮、女一宮の母。
  • 藤壺女御…左大臣の娘。女二宮の母。「梅枝」の麗景殿女御と同一人物か。
  • 某更衣…常陸宮の母。
  • 尚侍(内裏の君)…髭黒の三女(髭黒の中の君)。母は玉鬘。「竹河」のみに登場。

皇子女 編集

  • 第一皇子:東宮
  • 第二皇子:二の宮(「蜻蛉」巻以降式部卿宮)
    • 正室:夕霧次女
  • 第三皇子:匂宮(兵部卿宮)
  • 第四皇子:常陸宮
  • 第五皇子:五の宮
  • 第一皇女:女一宮(一品の宮)
  • 第二皇女:女二宮

関連項目 編集