今村 好太郎(いまむら よしたろう、1883年(明治15年)9月20日 - 1973年(昭和48年)3月3日)は、日本基督教会牧師である。

今村 好太郎
生誕1883年9月20日
死没1973年3月3日(1973-03-03)(89歳)
出身校神戸神学校プリンストン神学校
職業牧師
配偶者今村 よね
日本基督教団合同前の日本基督教会代表の準備委員。後列左より熊野義孝三吉務富田満小野村林蔵佐波亘浅野順一飯島誠太堀内友四郎、前列左より今村好太郎村田四郎金井為一郎、村岸清彦

1905年(明治38年)に日本基督組合教会多聞(神戸多聞教会)で松井文弥牧師より洗礼を受ける。その後、日本基督教会湊川教会の内藤賀一の指導で、神戸神学校を卒業する。

1912年(明治45年)に教師補、1914年(明治3年)に日本基督教会の教師に任職される。その後、豊橋高松越谷の牧師を務める。1922年(大正11年)に神戸の住吉教会の牧師に就任する。1920年(大正9年)にはプリンストン神学校に留学し、B・B・ウォーフィールドの薫陶を受けた。帰国後、1923年(大正12年)より、中央神学校の教授として教会史教理史を教えた。1940年(昭和15年)には、57歳で中央神学校の校長に就任した。1941年の日米開戦により神学校は閉鎖される。

1945年(昭和20年)に太平洋戦争の終戦を迎えると、神戸神学院を開校した。1951年には日本基督教団を離脱し、佐波亘植村環小野村林蔵らと共に日本基督教会の再建である日本キリスト教会(新日基)を創設した。第3回大会では議長を務めた。1964年に牧師を引退し、1973年に死去した。

著訳書編集

参考文献編集

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年