メインメニューを開く

仏光寺通

京都市にある通り

仏光寺通(ぶっこうじどおり)は、京都府京都市の東西の通りの一つ。平安京の五条坊門小路にあたる。東は鴨川右岸堤防から西は佐井西通まで、綾小路通高辻通の間を走る。東新道から仲町通にかけて小規模な商店街を作る。

名称は、天正14年(1586年)に移転してきた佛光寺の北に面することに由来する。近世までは現在の高辻通仏光寺通と呼び、仏光寺通を旧称の五条坊門通と呼ぶこともあった。

沿道の主要な施設編集

関連項目編集