メインメニューを開く

仙石 久治(せんごく ひさはる、生年不詳 - 寛文3年1月21日1663年2月28日))は、仙石久忠の子。通称、九兵衛、のちに式部と称する。信州上田藩主の仙石忠政政俊父子に家老として仕える。子に政治政忠

父の久忠は本来仙石家の嫡男であったが、壮年にして失明したため後嗣から外され、京に住して関都(菊都)と名乗り検校となった。このため久治も京に住した。父の没後、叔父の上田藩主仙石忠政に招かれ、家老として迎えられた。法名は、勇健院殿広養常在禅定門。墓所は、上田市鍛冶町の本陽寺。

子の政治の子で仙石家家老の靭負政時は後継のいなかった藩主仙石政明の養子となり、政房と名乗って宗家を継ぎ、出石藩第2代藩主となった。その際、同じく子の政忠の子である久貞と藩主後継を争い、のちに久貞は藩主となった政明により失脚させられている。


参考文献編集