メインメニューを開く

仙石 久忠(せんごく ひさただ、生年未詳 - 慶長7年(1602年)8月)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将信濃小諸藩仙石秀久の長男。母は本陽院。別名・関都(菊都)。子に久治

来歴編集

壮年にして失明したため後嗣からはずされ、京に住して関都(菊都)と名乗り、検校となった。佐久郡耳取組にて、合力米3,050貫文の地を領した。京にて病にて没して、佐久郡の大照庵に葬られたが、のちに上田芳泉寺に改葬された。子孫は、筆頭家老を務めた。久治、政治と続き、政治の子の家老の靭負政時は、藩主仙石政明の養子となり、仙石政房と名乗って宗家を継ぎ、出石藩第2代藩主となった。

関連項目編集

参考文献編集