メインメニューを開く

代理原稿(だいりげんこう)とは出版業界、雑誌編集者の専門用語。代替原稿ともいう。略して代原替原とも)。

漫画小説作品やコラムなど、雑誌に本来掲載されるはずの作品について、予定されていた作家が間に合わずに落稿させてしまった場合や、何らかの事情により非掲載や連載の打ち切りが急遽決定した場合など、空いたページを埋め合わせるために代替として掲載される作品およびその原稿を指す。

漫画・小説などの場合、誌面の編集段階など時間的に余裕の無い状況で手持ちの素材で用意されることが多く、代理原稿には新人作家の作品や新人賞の入選作品がよく用いられるため、新人作家が商業デビューする機会の1つとしても重要である[1]。他方、コラムなどの小記事の場合、編集者が手頃な話題でトピックを書いたり、自社広告などで穴埋めすることも多い。ヤングマガジンのように公式サイトで代理原稿を募集する雑誌もある[1]

この様な形で掲載される原稿については、原稿料の支払いのタイミングは契約によって以下のようにまちまちである。

  • 掲載時に支払われる場合[1]
  • 納品時に支払われる場合(買取原稿の一種)
  • 納品時に半額、掲載時に残りの半額が支払われる場合

ヤングマガジンでは採用された場合10万円を支払うとしている[1]

脚注編集

関連項目編集

リンク編集