伊予鉄タクシー(いよてつたくしー)は、(株)伊予鉄グループ傘下のタクシー事業者。松山市周辺を営業エリアとしている。

伊予鉄タクシー株式会社
Iyotetsu Taxi co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
790-0053
愛媛県松山市竹原2丁目3-15
設立 1976年6月16日
業種 陸運業
法人番号 9500001000477 ウィキデータを編集
事業内容 一般乗用旅客自動車運送業
代表者 代表取締役社長 清水 一郎
資本金 3,000万円
従業員数 168名
主要株主 (株)伊予鉄グループ 100%
外部リンク https://www.iyotetsu.co.jp/taxi/
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1976年 - 伊豫鉄道からタクシー事業が分社化され(伊予鉄ハイヤーの名称)、伊予鉄タクシーを設立。
  • 2005年 - ICい〜カードへの対応を開始(松山地区のみ)。

営業所編集

  • 本社及び本社営業所
    • 愛媛県松山市竹原2丁目3-15
  • 久米営業所
    • 愛媛県松山市南久米町241-1
  • 平井営業所
    • 愛媛県松山市平井町1440(但し連絡先は久米営業所)

かつては一番町、道後、古町、三津、余戸及び八幡浜に営業所が存在した。
専用の乗り場は一番町、伊予鉄道郊外線各駅(松山市・古町・余戸・三津・久米・平井)、市内線(城南線)道後温泉駅に存在する。

車両編集

同じ伊予鉄グループ傘下にはマツダオートザム伊予鉄松山が存在するが、車両はトヨタ自動車製を使用する。ジャンボタクシーはハイエースグランドキャビン、中型車はクラウンコンフォートまたはクラウンセダンであり、小型車はコンフォートまたはプリウスである。
車両台数は中型車39両、小型車61両、(うちプリウス2両)、ジャンボタクシー6両、福祉タクシー1両、合計:107両である。[要出典]

備考編集

男性乗務員の制服、制帽は、親会社から分離した経緯もあり、長年、伊予鉄道や伊予鉄バスの乗務員のものと同一であった。尚、女性乗務員の制服は独自のものを採用していたが、平成27年9月に伊予鉄道・伊予鉄バスの制服と類似なものに変更されている。
尚、労働組合も、日本私鉄労働組合総連合会(私鉄総連)に加盟している。
無線機及び配車システムは、長年三菱電機製のものが使用されていた。三菱電機が無線機及び配車システム事業から撤退したため、現在は新潟通信機製の無線機及び配車システムに変更されている。


外部リンク編集