伊奈氏屋敷跡(いなしやしきあと)は、埼玉県北足立郡伊奈町にある県指定史跡伊奈氏陣屋跡。

伊奈氏屋敷跡

概要編集

徳川家康に仕えた伊奈忠次が江戸に入国し、武蔵国足立郡小室を拝領、1591年(天正19年)に原市沼を天然の要害としていた閼伽井坊屋敷を接収し、陣屋を構築した[1]

現在の史跡編集

1934年(昭和9年) 3月31日に埼玉県指定史跡となった。 裏門側の堀の一部に新幹線の高架橋予定地がかぶり、発掘調査が行われた。 北側に障子堀などが発掘されたが、現在は埋め戻されている。 県指定史跡であるが、史跡公園などとして整備されておらず、ほとんどが民有地のため、荒れた状態で現存している。 2017年には一部に散策路が整備された。 2019年(令和元年)10月にも発掘が行われ、さらに障子堀を検出した。

脚注編集

  1. ^ 埼玉県指定記念物(史跡) 伊奈氏屋敷跡

関連項目編集