陣屋

江戸時代の幕藩体制における、大名領(藩)の藩庁が置かれた屋敷、また徳川幕府直轄領の代官の住居および役所が置かれた建物のこと

陣屋(じんや)は、江戸時代幕藩体制における大名領)の藩庁が置かれた屋敷、もしくは徳川幕府直轄領遠国奉行代官の住居および役所が置かれた建物(代官所)、また江戸定府の旗本知行地を支配するための屋敷である。

三日月陣屋の長屋門(復元)

また、各地域の藩がそれぞれ統治の都合上、政務のために設置した屋敷も「陣屋」と呼ぶ場合もある。例えば遠国の飛び地領の行政や、河川や港湾、森林などの管理行政のために。現地に設置された陣屋・代官所などに係の役人が置かれた。上記の大名や旗本の本拠としての「陣屋」と比べた場合、これらは規模ははるかに劣るが、広義ではこれらの建築物も「陣屋」に含まれる。


概要編集

一般的に3万以下のを持たない大名が陣屋を持った、また上級旗本知行地に陣屋を構えた。さらに大藩の家老の所領地である知行所政庁が置かれた屋敷も含まれる。飛地を所領に持つ大名が、現地の出張所として陣屋を設置することもあった。また、箱館奉行所長崎奉行所なども陣屋として扱われることがある。さらには幕府直轄領地である支配所に置かれた代官所を含む場合もある。領主の領地の居地をあらわす用語は、城主の居城に対して、陣屋を居地とする場合は在所という。

陣屋に藩庁を置く大名のことを無城大名あるいは陣屋大名と呼んだ。無城大名が城主格大名へ昇格した場合、国許の陣屋を城[注釈 1]に転換することは許されず、実際には城門の構築を許されるのみであった。


構造編集

陣屋は城郭に比べて簡略化されており、行政・居住の機能しか持ち合わせていないものが多かった。塀で囲った敷地内または外に、長屋または小屋など、各地で呼び名は異なるところはあるが部下が住まう屋敷と、中央となる役所と、奥向きである本陣が造られることが多かった。

 
足守陣屋の小規模な堀と石垣

旧城地や城郭のように造る場合もあり、園部陣屋菰野陣屋三重県菰野町)のように幕末(明治元年)に至って天守に見立てた隅櫓水堀、低い石垣や土塁を築いたり、森陣屋大分県玖珠町)のように隣接する神社境内に石垣を多用したり、天守に見立てた2階建ての茶屋を建てるなど、もはや城郭と呼んでもよい規模のものもあった。それらの構造物の規模は、藩の規模・陣屋の規模において様々だが、塀や堀は軍事的には無意味な、形式的なもの、例えばその気になれば飛び越えられる程度の堀でしかない場合のものもあり、また堀が正面しかなかったり、背後はただの山で防衛施設は無い、などの場合もあった。それらの陣屋はつまり実戦(籠城戦)を想定したものではなく、「藩主の居館(居城)」「藩の政庁」「地域の支配拠点」としての格式・形式的なものであったからである。

そもそも城があった場所に入封された陣屋格大名の場合、城の構造物を一部撤去して「陣屋」と改称したり、城の構造物を破却したのちに、旧城地を利用して陣屋を建てた例もある。この場合、陣屋としては旧城地は広過ぎたため、旧城の本丸のみや二の丸のみを再利用して小さく構築した例がある。

幕末に建築された松前藩戸切地陣屋北海道北斗市)のように、稜堡式の土塁砲台を構築し、限定的に軍事機能を持たせた例もある。さらに田野口藩の田野口陣屋のように、本格的とは言えないまでも西洋の星形要塞の様式で建築され、龍岡城と呼ばれた例もある。


三大陣屋編集

上総国飯野陣屋越前国敦賀陣屋周防国徳山城は規模が大きく「三大陣屋」と呼ばれることがある。


建物が現存する陣屋編集

大規模な城郭と比較した場合、規模も構造も、建造物も簡素であったことが多く、大名家自体もさほどの石高を持たない、いわゆる権威のない史跡、と思われがちである。ゆえに廃藩置県後に容易に取り壊され、用地も整地されて現存しない例が多い。(「全国城郭存廃ノ処分並兵営地等撰定方」参照)また、歴史的有名人(有名家系)が居住したり、天守や大規模な石垣や構造物を持つ、というような「目立つ大城郭」と比べ、地元住民や行政側の扱いもいい加減になりがちであり、保存や復元、歴史的検証または顕彰がおざなりになりがちである。


復元された陣屋編集

 
三日月陣屋 長屋門(復元)


遺構が一部残る陣屋編集

陣屋の門などの建物の一部や土塁、石垣等が現存することがあり、ほかに廃止後に移築されて建物の一部が現存する場合もある。

北海道地方編集

東北地方編集

関東地方編集

 
楽山園 小幡陣屋

中部地方編集

 
奥殿陣屋 書院

近畿地方編集

 
柏原陣屋 玄関

中国地方編集

四国地方編集

 
西条陣屋 大手門

九州・沖縄地方編集

 
神代陣屋 長屋門


建物・遺構が現存しない陣屋編集

樺太・北海道地方編集

東北地方編集

関東地方編集

北陸・甲信越地方編集

東海地方編集

近畿地方編集

中国地方編集

四国地方編集

  • 土庄陣屋香川県土庄町) - 小豆島は、元和元年から天領として大坂奉行の支配下にあったが、天保9年(1838年)に西部の六郷(土庄・渕崎・上庄・肥土山・小海・池田)が、津山藩に移され土庄に津山藩の陣屋が置かれ、明治2年の版籍奉還までの間、代官が常駐して行政上の大抵のことはここで処理された。
  • 日和佐陣屋徳島県日和佐町) - 文化4年(1807年)、徳島藩によって築かれた。 寛政11年(1799年)、徳島藩によって海部陣屋が築かれ那賀郡と海部郡の郡代所となった。文化4年(1807年)、日和佐陣屋が築かれ、海部より移転し明治まで郡代所として続いた。
  • 海部陣屋徳島県海部町)- 寛永15年(1638年)、海部城が廃城となると東麓に郡代官所が設けられ「御陣屋」と呼ばれた。その後、寛政11年(1799年)に鞆の御陣屋が新設されたが、文化4年(1807年)には郡代官所が日和佐陣屋に移された。

九州・沖縄地方編集


その他の用法編集

  1. 平安時代に宮中警護をする衛士の詰所のことであった。
  2. 大名などの武家や、公家などが宿泊する宿を意味する。本陣を参照。
  3. 現代の旅館温泉の名称に「陣屋」を使用するものもある(例として鶴巻温泉元湯・陣屋など)。
  4. 鎌倉時代には合戦における兵士の臨時軍営を陣屋と呼んだ。
  5. 地頭の役所を陣屋とも呼んだ。近世には民政上の拠点を指す意味が強くなり、幕藩体制における政庁兼居所・蔵を意味する言葉となった。

「2」の用法においての陣屋で現存する建築編集

  • 二条陣屋(京都府京都市中京区)伝統的建造物(町家)。建築物3棟と土地が国の重要文化財に指定されている(指定名称は「小川家住宅」)。


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 享保2年(1717年)の『武家諸法度』によると、城主は・塀・門以下は届出をして許可を得た上で補修することが可能で、石塁・石壁が壊れたときは奉行に報告し、その差図を受けることとなっていた。このことから江戸幕藩体制下におけるの定義は石垣の上に塀と櫓を有しているものとされていた。

出典編集

  1. ^ 森下陣屋跡 - Ome.nave 青梅資料館 2021年5月26日閲覧。

関連項目編集