メインメニューを開く

伊東 祐時(いとう すけとき)は、鎌倉時代前期の武将御家人日向伊東氏の祖。

 
伊東祐時
時代 鎌倉時代前期
生誕 文治元年(1185年
死没 建長4年6月17日1252年7月24日
改名 犬房丸(幼名)、祐時
別名 工藤祐時、三郎
官位 従五位上左衛門尉大和
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝頼家実朝藤原頼経
氏族 工藤氏伊東氏
父母 父:工藤祐経
兄弟 祐時安積祐長工藤祐長祐光
土肥遠平
早川祐朝稲用祐盛三石祐綱田島祐明長倉祐氏祐光門川祐景木脇祐頼稲用祐忠
テンプレートを表示

生涯編集

幼名は犬房丸。建久4年(1193年)5月28日、曾我兄弟の仇討ちで父工藤祐経が曾我兄弟に討たれる。父を討った曾我時致は助命の動きもあったが、犬房丸が泣いて訴えた事により、時致の身柄は祐経の一族に引き渡されて処刑された。その後、幕府御家人として仕える。

承久3年(1221年)6月の承久の乱では幕府方の東海道軍に加わる。安貞元年(1227年)、御所内裏焼失の際、将軍御使として上洛した。

嘉禎元年(1235年)、従五位上検非違使左衛門尉、大和守に任じられた。

建長4年(1252年)、68歳で没。

参考文献編集

  • 『保元物語 平治物語 承久記』〈新日本古典文学大系〉岩波書店、1992年。